@atsushi__sugitomo

愛し愛されること

大切な人と出会い、人生を一緒に歩む。

すごく素敵なことだけど、全くの他人だった人と人生という長い道のりを共にするのは大変なことで、きれいごとだけではすまないのが現実。

2人の人間は日々成長し、歳を重ねるごとにいろんなことが変化する、そこにまた小さな人たちが間に挟まると、物事はよりこんがらがっていく。

 

妻、母という大役を授かったおかげで、“愛”という大きな意味の一欠片をかじることができた私。人生の大きなテーマでありすべての根底にある愛は、一生をかけてサーチする“生きている意味”であり、一生をかけて浸り、泳ぎ、浮かぶ湖のようなもの。

 

それは自分の家族から始まり、交友関係、パートナー、子供達、広がっていく親戚、ご近所、孫など、愛の輪はゆっくりと自分の成長とともに永遠に広がっていく。

よく耳にする“死ぬときに自分の人生の価値を感じ取ることができる”というのは、もしかしたら愛されることや、惜しみなく愛を与えることへの躊躇が一切なくなる瞬間だからかもしれない。

 

自分の人生を立ち止まって振り返った時に、波瀾万丈だったり平凡だったり、今まで辿ってきた色々な道が見えるはず。

それが今の自分を作り上げていて、その過程がハッピーだったかどうか、そしてこれから歩む道ではどういう選択をして、どういう価値観を持って、どんなスピードで進んでいくのか。

人からの教えやアドバイスなどを聞き集めるよりも、自分の中を見つめ自分を理解し自分らしい道を生きる、それが幸せの近道なのかもしれない。

40代から振り返る30代

私は今年で43歳。

数字だけ見ると、ものすごくおばさんに感じてしまう。

自分が30代だった頃に見ていた40代の人ってすごく大人に見えたものだった、でも自分が40代になってみると、意外と30代半ばと変わらない感じがする。(見た目はしっかり老けていくけど!笑)

歳を取っていくことが嫌だなーって思っていた今までの自分はゆっくりと姿を消し、今はむしろ今まで以上に自己投資をしていきたいという希望に包まれている。なんだか50代が楽しみ!という気持ちもあったりして、今はこれからを楽しむための貴重な準備期間のような気がしている。

 

食事や運動、身体の状態やメンタルに至るまでしっかりマネージしつつ、楽しみながらより自分というものを理解したいと思えることが、ここ最近すごくありがたく感じる。何の根拠もないのに、これから人生はどんどん楽しくなっていくような気がしている自分自身を笑ってしまう。

 

10代20代は自分と世間を模索し、30代で学びと経験を積み、40代で自分を見つめ直し、50代でもう一度人生をしっかり楽しむといった流れが、私にはやって来るように感じている。

人によってタイミングはそれぞれだとしても、人生の経験と学びをいっぱい吸収できれば出来るほど、それが素晴らしいギフトとなって自分の元に戻って来るだろう。

 


30代を有効に生きる

キャリアを積むもよし、旅をするもよし、興味があることを試しとことん自分を理解するもよし、人に時間を注ぐもよし。30代って未来を左右する分かれ道のような気がする。

だから人の目や世間体なんて無く、自分でいること、そしてこれから自分の行きたい道探しのために、全ての時間を全力で使うべき時だと私は思う。

 

私の30代は葛藤と学び、布おむつを洗い、ご飯作りで明け暮れあっという間に過ぎ去った。

けれども人生を左右する運命的な別れと出会いをほぼ同時に32歳で経験し、素晴らしい体験をさせてもらえた。それは頭が取り仕切る思考や不安だけにとらわれず、心をオープンにできた自分がいたから、そして小さな心の声を聞こうと耳を澄ました自分がいたからこそ素晴らしい方向に流れることが出来たのだと思う。

 

今、mee tokyoを見てくれている皆さんに、30代はものすごく重要な時期だということを、声を大にして伝えたい。

自分は誰なのか、人生を与えられた意味、自分が大好きで大切にしていることとは、自分にとっての愛とは何か、自分の価値を見い出すことに、しっかりたっぷり時間を掛けて欲しい。

 

自分を愛し、認め、大切にする。

そしてあなたの周りにいる人々にも同じことができれば、愛は循環し、愛に包まれ、スムーズに道は広がっていくでしょう。

 

あなたの人生のターニングポイントもすぐそこまで来ているのかもしれない。

 

Enjoy your beautiful LIFE ♡

Writer : Maki 3 little spirals

Share iline Facebook Twitter