努力しないと好かれないと思ってない?

私なんて・・・

私にできるんだろうか・・・

毎日なんだか不安・・・

自分に自信がないから、その自信の無さを払拭するために人一倍努力してこれまで頑張ってきたあなた。それは、頑張ることで周りが認めてくれて、やっと自分が価値のある人間だと感じられるから。

でも、頑張れば頑張るほど認められれば認められるほど、もっと頑張らなきゃ!止まれない!と自分はどんどん苦しくなっていく。そんな風に感じたことはないですか?

 

それって実は、”自己肯定感が低い”状態

苦しくなっているのは、他人の評価=自分の評価になってしまっているからなんです。つまり自分で自分を認められない”自己肯定感が低い”状態。自己肯定感が低いと、何をするにも不安で、劣等感が強く、他人と比較してしまいます。

しかもやっかいなのが、他人の賞賛を得ることでしか満足感を得られないのに、自分の自信の無さからそれを素直に受け取ることもできないので、一向に自分の自尊心は満たされずエンドレスもやもやループに! おまけに、周りの目を気にしすぎるあまり八方美人になって、気疲れのオンパレード。

あぁ書いているだけでもしんどい…。

そんな蟻地獄のような生き辛さから抜け出すには、”自己肯定感を上げる”ことをおすすめします!

 

 

自己肯定感を上げるためには、自分と仲良くなることから

“自己肯定感を上げる”と聞くと、自分を好きになるってこと?と思うかもしれないけど、私のおすすめの方法は、自分と仲良くなるというやり方。

今まで自分に自信が無かった人が、自分のことを好きになれって言われても、果てしなく遠い道のりに感じちゃうはず。それって階段を100段飛ばしするようなもので、 いきなり出来なくて当然!それより、スモールステップを積み重ねることの方が着実に自己肯定感を上げられます。

だからこそ、自分とまず仲良くなるという意識くらいでオッケーなんです。

 

自分と仲良くなる方法

それではいくつか具体例を挙げていきますね。

  • 大切な恋人、友人、家族にするように自分を褒めてあげる。

例えば、あなたの大切なひとが頑張っている姿をみて「もっと頑張れよ。」なんて言わないですよね?「いつも頑張ってるね〜偉いよ。」って言いませんか?それを自分自身に向けてあげるだけです。

  • 自分との小さな約束を守る。

小さな約束っていうところがポイント。自己肯定感が低い人ほど、理想の自分とのギャップが乖離していることが多いので、何かうまくいかなかったり、出来なかったことを材料に自分を責めてしまいます。だからこそ、自分にとって簡単に守れそうな約束を、自分自身にしてみる。例えば、朝健康のために白湯を飲む、とかね。スモールステップですよ〜。

  • 「こんな自分でもいっか」って言ってみる。

自己肯定感が低い人って、自己否定を無意識にしてしまっています。褒められても、素直に受け止めれないのはこのため。だから、自分で自分に「ダメな自分でもいっか。」と言ってあげることで自己否定的な思考を意識的に止めることができます。最初は抵抗感があるかもしれないけど、続けると腑に落ちていくのでしばらく続けてみてね。

 

 

自分と仲良くなると、がんじがらめの世界から解放される

私自身の体験から得た、自己肯定感が上がると生きている世界がどう変化するかをお伝えしますね。

 

自分の頑張りを、自分自身が褒めてあげられるようになります。

自分自身を認められるようになり、自分を許せるようになります。

そして、人生のあらゆる選択を、自分を主軸に選択できるようになります。

自分の能力や素質を受け入れられるようになり、人への嫉妬心や執着もなくなります。

誰かに選ばれなくても、認められなくても、自分で自分を認めてあげれるようになり、焦燥感や不安感から解放されます。

そして、自分の本音(本当はどうしたいか)を優先してあげられるようになります。

 

一言で言うと、自分が抱いていた”がんじがらめの世界”から、解放され心の自由を手に入れることができるのです。

なんだか生き辛かったり閉塞感を感じている人は、是非こんな方法も試してみてくださいね。

Writer : ちえ

Message

あなたの人生をがんじがらめにしているのは、自分自身(自分の心)であることに気づくことが第一歩。そこから無理することなく地道に一歩一歩自分と仲良くしてみることを意識してみて! ある日ふと気づくと、自分の目の前の世界が大きく変化しているはず♡ Be free!

Share iline Facebook Twitter