Wi-Fiも繋がらない! ガイドブックにもない秘境・プルフンティアン島

私が度肝を抜かれるほど美しいビーチに出会った島、珊瑚に囲まれた、プルフンティアン。

この島は世界のベストビーチランキング13位にランクインしているにも関わらず、ガイドブックにはほぼ載っていない! 私もマレーシアに来る寸前まで知らず、ゲストハウスで知り合った世界中を飛び回っているような旅人のおじさまに教えてもらいました。

結局、ガイドブックよりも旅人の口コミ情報が1番よね~、と改めて思うので、私の体験記が役に立ちますように!と、マニアックな場所を選んでみました。

 

プルフンティアン島のいいところ

☑とにかく海が綺麗!!!

☑たくさんの可愛い魚や珊瑚に会える、小サメにも遭遇できるかも!

☑ビーチの独り占め気分が味わえる

☑星空も綺麗!流れ星が見放題

☑デジタルデトックスできる(笑)

 

プルフンティアン島のいまいちなところ

☑行くのが大変・・・

☑Wi-Fiがほぼ繋がらない

☑飲食店が少ない

 

オススメな過ごし方1

移動だけですでにアドベンチャー気分満点!

秘境なだけあって、移動だけで東京から半日以上かかります。ただその道のりさえも、日本では味わえない非日常感に胸が高まる!

 

まずは到着するまでの道のりをご紹介。

クアラルンプール国内線でコタバル空港まで飛行機で来た後、コタバル空港からタクシーでボート乗り場に向かい、プルフンティアン島を目指します。ボート乗り場へはバスもありますが、タクシーの方が早くてオススメ。

 

スピードボートはとにかくめちゃくちゃ荒運転・・・写真のような水しぶきとともに約20分の我慢・・・私はアトラクションみたいで楽しかったです。

船酔いの恐れがある方は酔い止め必須!

 

ボートに揺られること約20分で到着!

日本人は滅多にいないそうで、観光客も少ないのでまるでタイムスリップしたかのような、のんびりとした時間が流れています。島が小さいのでまるで独り占めした気分。

着いた日は残念ながら曇りでしたがこの海クオリティ。期待が高まります。

島はバンガローと飲食店が数件並ぶだけ。

 

到着後、タイ料理と、大好きなスイカジュースにありつけました。ちなみに15時くらいまでやっていたお店はこの1軒のみ。売店すらない!

秘境なだけあり、ただでさえ少ない飲食店の店主が長い休憩時間を取り、食べそびれることもしばしば。イスラム教の関係でお酒もなかなか買えないので、お酒を飲みたい人は持ち込んだ方がいいかも。非常食も忘れずに。

 

オススメな過ごし方2

想像以上に美しすぎる海を、とにかく堪能!!!

もう言葉はいりませんね。ご覧の通り!!!プルプルのゼリーみたいなエメラルドグリーン!!!

 

2日目はツアーに入り、5ポイントのボートツアーへ。しかも4時間のツアーで1000円以下という、日本じゃ考えられない激安価格。

船着場のあるメインのビーチも十分綺麗ですが、色んな魚たちや珊瑚を見たり、深く潜りたい方はぜひ、ツアーで連れて行ってもらって下さい!

 

実はプルフンティアン島はシャークポイントがあり、シュノーケルでサメに会えるんです。私もサメに2回も遭遇できました! その他、砂地ポイント、珊瑚ポイント、タートルポイントなどに連れて行ってもらえます。

本来なら4時間のツアーが5時間半になったりと、東南アジアならではのゆるさも魅力の一つつですが、移動などでボートの時間が決まっている人は要注意して下さい(汗)

 

それでは、プルフンティアンの海の中の世界をお楽しみください!

いそぎんちゃくに隠れるニモ発見♡何十回潜っていても、どこの海でもニモに出会えるとテンションあがるのは、なぜ・・・

 

タートルポイントの海亀。めちゃくちゃ大きかった!!

 

珊瑚ポイントにいたカラフルな魚たち。珊瑚は死んでいるところもあったけど、綺麗なパステルカラーが残っている板珊瑚もたくさん。

 

砂地ポイント。光が入った時の砂地のキラキラと、青のグラデーションがとても綺麗。永遠に見ていられる。珊瑚もいいけど、ホワイトの砂地もやっぱりいいよね。

 

もうね、ディズニー映画の世界。

我を忘れて夢中で潜りまくる潜りまくる・・・

 

リアルファインディングニモ、リアルマーメイドラグーン、しましまの魚達はカメラ目線をくれました(笑)

このポイント近くにシャークポイントがあり、子サメに遭遇! 動きが早くて追いつくのが精一杯で、惜しくも写真には納められませんでした・・・

 

オススメの過ごし方3

泳ぎ疲れたら、ビーチでひたすらのんびり。

 散々潜った後、船着場付近のビーチに戻ると、欧米人が本を読みながらビーチベッドでマッタリしていました。

 

このベッドはどこかのホテルのものではないようで、誰もが使えるフリーベッド。ハンモックも所々にあります。

ビーチベッドがあるような大型リゾートホテルがないのもこの島の魅力。

夜は満天の星、流れ星が見放題でした。しかもビーチには人がいない! まさに星空独り占め。

 

初音が今回泊まったホテル↓

Awana Perhentian Resort

船着場すぐのビーチフロントにあるバンガローです。いわゆるリゾートホテルではないですが、プールもあり、立地的にも便利なのでオススメ。

 

朝食は海を見ながら食べる事ができて気持ち良かったです。マレーシアはだいたいどこの安いホテルに泊まっても、朝食はホテル費込みで無料なのに美味しい!

Writer : 佐藤 初音

Message

いかがでしたか? 秘境プルフンティアン島。

今まで名前すら聞いた事なかったこの島、すでにまたすぐ行きたい気持ちになっています。

ただ秘境なだけあって、Wi-Fiは一切使えないと思って下さい(笑) ホテルのフリーWi-Fiはもちろん、持参したポケットWi-Fiも一切使えませんでした。

そういう意味でも本当に秘境なので、喧騒から逃れてゆっくりのんびりしたい方にオススメです!

Share iline Facebook Twitter