パラレルキャリアは、聞いた感じほどキラキラじゃなかった

まずこれなんですけどね。

昨今の副業ブームだの、個人の時代だの、パラレルキャリアが持て囃される時代ですが。

ぶっちゃけ本業だけでもヒィヒィ言うて働いてるのに、2つ仕事するとかめっちゃキツいから…!

ちなみに私は本業は雑誌の編集をしているのですが、mee tokyoをやりたいを思った理由は2つ。

  • Webメディアもやってみたかった
  • 周りに鬼才が溢れているので、それを世に出したかった

この2つの動機は今も変わらないのですが、単純にパワー的にしんどかったです。

私が1年間やってみてパラレルキャリアを継続するTipsとして一つだけ得たことを、最後のmessageで紹介しているので、良かったら最後まで読んでくださいね(笑)

 

副業は、自分が上がるモチベーションがないと続かない

編集部のみんなも、お金のために副業ライターしてるわけじゃないんですよね。

生活していく分には本業の収入で十分。

じゃあ何のためにやるんだってなると、自分なりのモチベーションがないと厳しいです。

趣味って誰に頼まれなくてもお金も時間も使いますが、そんな感じ。

  • ライターやエッセイストで独立したい
  • 本業で発信できないことをブチまけたい
  • 自分が大好きな〇〇の魅力を伝えたい

とか、何でもいいのですが、私はこのmee tokyoでの活動がライターのみんなの将来的な夢や仕事に繋がるといいなぁ、と思ってます。

が!!!

やっぱり本業のようにやらないと生きていけない強制力がないと、やれないのが人間なんです。

自分やライターのみんなのモチベーションが、どこにあるのか見えなくなってしまった時期がありました。

 

仲間に洗いざらいぶちまけてみたら、ワクワクが戻ってきた

「やば〜い、もうしんどいかも」

と思って、編集部のみんなにHELPを出してみたら、みんながいろいろ考えてくれました(笑)

やっぱり持つべきものは仲間ですね。

一人で背負い込もうとしすぎてたんだな…てかそもそも一人じゃ何にもできないわ…

と気づけたのが、私の2018年一番の学びです。

改めてmee tokyoが求められていること、mee tokyoの目指すところ、ライターのみんながやりたいこと、などを改めて言語化できるいい機会になりました。

【mee tokyoに求めること】

ブランディンング、ターゲット(東京で働く、遊ぶ、生きる30代女性)のリアルな声がある

【メディアコンセプト】

東京で働く、遊ぶ、生きる。30代女性のための意識近い系Webメディア

【目指すトンマナ】

Webメディア界のテレ東。

・取材したこと、リアルな内容がある

・ライターのキャラが立っている

・ちょっとした毒、愛のあるdis

【みんなの熱量ぐるぐる上げてく方法】

月一課外編集会議実施

記事やSNSでのライター同士の交流・参加、など

 

 

mee tokyo編集部は、みんなで熱量ぐるぐる上げて楽しんでいきます!

以上のようなことを編集部メンバーとうんたらかんたら議論しつつ、

個人的には…

せっかくこのメンバーでやってるからこその面白さとか、

好き勝手発信できるこの自由さとか、

今しかできないことを、もっと謳歌しちゃおうぜ!

と思いました。パラレルキャリア編集部だからこそ、

「楽しくなくなったら、終わりだな」って!

そのためにもみんなで酸いも甘いも共有しながら、熱量をぐるぐる上げて生きたいです。

そして読んでくださる皆さんに、少しでも面白がってもらえますように。

 

Special Thanks/la billage
住所:東京都渋谷区宇田川町3-7 5F
URLhttps://la.billage.space/

Writer : みるくり

Message

最後に、パラレルキャリアを継続するTipsは…

“副業してるって思わないこと”(笑)

やはり本業を疎かにするわけにはいかない。

本業が終わったら…とか思ってたらいつまでもできない!

本業の中で2つのプロジェクトを持つことがありますが、そんな気持ちで業務時間問わずスケジューリングした方がいいです(どうか本職関係の人が読みませんように)。

あと平日は本業、土日は副業、と思ってるとだいたい平日で疲れ果てて土日に余力がないので、自分のキャパを知り、ちゃんと休むようにしましょうね!

Have a good workaholic life!!

Share iline Facebook Twitter