mirandasays004 image1

気持ち切り替え術3:ウォーキングは最も手軽で効果的

気分転換の方法として、よく運動もおすすめされるわよね。
確かに、体を動かすと、汗とともにモヤっとしたものが抜けて気持ちがクリアになるわ。運動している間って、スマホをいじったりできないから、自分の内側といやでも向き合わざるを得ないじゃない? でも不思議と、運動しているとだんだん考えることをやめて、自分の呼吸だったり体の動きに気持ちが向かっていく気がするの。考えることをやめることで冷静になる、って感じね。

とはいえ、私は普段あまり激しい運動をしないから、気分がどうも前向きじゃない時は、駅から自宅まで1時間ほどかけて歩いて帰ったりするの。別に大股で歩くとか、早歩きをするとか、エクササイズ的な目的意識はないわ。あくまでも気分転換の方法の一つとしてよ。
駅前の喧騒を通り抜けて、住宅街を進むにつれて喧騒がなくなってゆくあの感じはとても心地がいいわ。真冬や真夏でも歩きたいな、と思った時は歩いてしまうの。冬はだんだん体が温まってゆくのを感じたり、夏は昼間よりも少し和らいだ暑さを感じて歩いていると、昼間仕事や人間関係でフル回転していた頭の芯がふっと緩むのが分かるわよ。

前編でも書いたけれど、例えば「家に着くまでに、綺麗さっぱり忘れてやる!」とか「何が何でも解決策を見つけなきゃ!」なんて思う必要はないわ。日常の延長で気持ちをニュートラルに戻す「きっかけ」が大切だから。
「今日は少し気持ちが疲れてしまったから、歩いて気分を落ち着けよう」
くらいに気を張らずにトライできることでいいのよ。
私は歩くことで気持ちを切り替えることができるんだ、っていうのを体に覚えさせることが目的だから。

普段から運動の習慣がないと、平日の夜に急に思いついて、ジョギングや水泳をするのは少しハードルが高めよね。でも家に帰る前に、一駅手前で降りて歩いてみたり、少し遠いコンビニに出かける程度なら特に準備がなくてもすぐにできてしまうわ。だから私は歩くことをおすすめしているの。
そうやって少しでも体を動かすことの気持ちよさを知ってから、休日にアクティビティとして運動をする習慣がつけば、より健康的よね!

気持ち切り替え術4:嫌われる勇気よりも、休む勇気をもつ

最近ドラマでもアドラー心理学の「嫌われる勇気」についてやっているけれど、私はそれよりもまず、みなさんに「休む勇気」を持って欲しいと思っているわ。

mirandasays004 image2

数年前のこと。
仕事で大きな案件が重なってしまって、休日も出勤したり、家に帰っても気になって眠れない日々が数ヶ月続いていたの。ちょうどプライベートでも気持ちに負担のかかる出来事が重なってしまっていて、今思うと、人生で一番ヘビーな時期だったわね。
身体的な疲労はもちろんあったけれど、「休んでもいられないし!」と毎朝自分に言い聞かせてなんとか働き続けていたら、ある日突然、帰り道の駅で涙が止まらなくなってしまったの。

とても驚いたわ。「悲しい」とかではなくて、もうそれこそ涙腺が壊れちゃったのかしら、っていうくらいに、ボロボロ涙が溢れて止まらないんだもの。体が疲れている自覚はもちろんあったけれど、そんな風に自分のなかで何か崩壊してしまうほどだっていう自覚はなかったのよ。

その後病院で、うつ病と診断されて、クリニックの先生からすぐに休むように言われたわ。だけど、その時に抱えていた案件が佳境だったから、とても休むことなんてできません!と言ったの。そこで私がその案件を放り出したら、全て失ってしまう、と思うとパニックになりそうだったわ。
でもね、その時に先生から「今ならまだ間に合うから、休む勇気を持ちなさい」と言われて、なんだか急に力が抜けてしまったのよ。

30を過ぎると、仕事で責任あるポジションを任されたり、マネジメント層ではなくても、先輩として部下のロールモデルであることを求められたりするわよね。

そうすると、どうしても「休むことは怠けていることだ」と思い始めて追い詰められてしまったりすることは、ブラック企業でなくとも起こりうることよ。
そんな時、もし「なんだか少し気持ちが疲れてしまったなぁ」と感じたら、タイミングを見つけて休暇を取って。1日でも2日でもいいのよ。疲れた自分をいたわる時間をちゃんと確保する勇気を持ってちょうだい。

私はうつ病と診断されてから、自分を取り戻せた、とちゃんと感じることができるまでに2年近くかかってしまったわ。うつ病は心の病気ではなく、脳の病気だから薬でちゃんと治るんですよ、と先生に言われても、自分は心を病んだ人間なんだっていう思いはなかなか拭えないもの。

無茶をしなくても人はちゃんと変わっていける

そんな経験をしたから、私はみなさんに頑張りすぎずに毎日をアップデートするBetter Lifeの考え方を伝えたいと思っているのよ。
無理をしたり、歯を食いしばって何かに耐えなくたって、考え方をほんの少し変えてみたり、行動をほんの少し変えてみるだけで、人はちゃんと変わっていけるの。

Writer : Miranda

Message

春は寒暖の差も大きいから、身体的な不調が出てしまったり、人事異動や決算期だったりと、何かと身の回りでも変化の多い季節。無理せず毎日少しずつ、Better Lifeを目指しましょう。

Share iline Facebook Twitter