全ての人間関係に関するイライラの原因はあなた自身にあるの

相手が自分の友人であろうが、職場の人であろうが、全く見ず知らずの人間であろうが、どこかの店の店員であろうが、全ての対人関係において発生する「不快なこと」の原因はなんだと思う?

  • 何故だかいつも自分の話ばかりして場の空気を乱す友人
  • ごくごく簡単な仕事さえいつも満足にこなせない部下
  • 電車の出口で降りる人がいるのにどこうとしないおじさん
  • 注文をしたら笑顔も見せずにオーダーをとったカフェの店員

何故こういう人たちにイライラするのか。それは無意識のうちに「こうあるべき」という勝手な期待をしているからなの。「こうあるべき」そして「空気を読んで行動しなさいよ」という期待ね。

  • 友人との集まりでは自分だけしゃべることは控えるべき
  • 簡単な仕事なんだから一から十まで説明しなくてもやり遂げるべき
  • 電車の出口では後ろの人のために一旦降りるべき
  • 注文は笑顔で受けるべき

そんな思い込みを持って他人にそれを期待しているから、それにそぐわない行動を他人が取った時に苛立ちを覚えてしまうのよ。だけど、他人が自分の思った通りに動くことの方がよっぽど少ないことはあなただってご存知のはずよ。

「空気を読め」というのはとっても乱暴ね

あなたも誰かに対して「空気を読め」と思ったことは一度や二度ではないと思うわ。だけどね、それを心の中で思ったとしても、相手は空気なんて読んでくれやしない。悪意があって故意にそうしている場合ば別だけれど、多くの場合、相手は自分が何か悪いことをしているなんてこれっぽっちも思ってやしないんんだから。
たとえそれが血を分けた兄弟や親子であっても、「●●なんだからこうすべき」というのは通用しないと思った方がいいわね。

あなた、テレパシーなんて使えないでしょう?

上の例でいくと、自分の話ばかりするちょっと気にくわない友人にして、あの子っていつも面倒臭いから呼ばないようにしよう、と仲間はずれにしてみたところで、その友人からしてみれば、急にあなたから悪意を向けられたような気がして気分が悪いんじゃないかしら。

電車の入り口からどかないおじさんに対して、「どきなさい!」と心の中で念じて彼に伝わると思う? あなたが超能力者なら、それも可能かもしれないけれど、普通は無理よね。
(なんで入り口からどかないの?)と内心で舌打ちでもしながらカバンで押しのけて通り過ぎたりしてごらんなさい。相手からすれば突然悪意をむき出しにされた気がして驚くはず。

駅の改札で無言のまま抱き合ってるカップルだって、無言でいる限り、腹の中のことなんて何も分かり合えてないのよ。

人間関係を諦めることはネガティブな行為ではないわ

人に期待せず人間関係を諦める、というと、とても投げやりでネガティブなことに感じるかもしれない。でもそれは言葉と視点を変えると「相手を受け入れて、許すこと」なの。相手を変えることはできないから、自分が気持ちのキャパシティを意識して広げないと、永遠に人間関係のストレスループから抜け出せないわ。

もちろん、以前人間関係の棚卸しの記事で書いたように(バックナンバーから読んでみてね)、諦めて自分の世界からカットしてしまうことも大切よ。何もかも受け入れるなんていうのは不可能だから。
だけど、友人や職場の人間関係においては、簡単に切り捨ててしまえない場合も多々あるわよね。

そういう時はまず、一旦相手に対して自分が抱いている期待を諦めること。
まず、あなたにとっての正しいことや正義はあなたの中でしか通用しないということを肝に命じておいて。

その人は、別の宇宙に生息するモンスターなのよ

こうあるべき、こうしてほしいのに、なんでこうじゃないんだろう、どうして分からないのかしら…。そういう気持ちが湧いてきたら、一旦深呼吸してみて。
「この人はこういう人なのね。OK。仕方ないわ。私とは別の宇宙に生息しておられるみたいだから。」
と諦めましょう。よほど改善が必要な関係性でもなければ、それで放っておいた方がラクなのよ。
自分だけ損をしたようでなんだか腹立たしいかもしれないけれど、それを考えるだけ無駄。だって、あなた自身だって、周りの誰かに「なんであの人ってこうなんだろう…」と思われているかもしれないのよ? パーフェクトな人なんてこの世に存在しないわ。
※職場においては、諦める前に相手にきちんと考えや意図を伝える努力はしましょうね。そういうスキルを身につけることも仕事のうちだし、仕事における人間関係の齟齬は自分の評価やキャリアを損なう可能性があるから。

Writer : Miranda

Message

私たちは、とても自由で、可能性に溢れた時代を生きている分、様々なことを多様性として認識しないと気持ちが持たないわ。ストレス社会をサバイブするための柔軟性がないと連鎖的に嫌なことだらけになってしまう。
今日から少しずつ、感情のストレッチを始めて、生きやすい環境を自分で作り出す努力をしてみましょう!

Share iline Facebook Twitter