mirandasays001 image1

あなた、腐ったみかん箱になってないかしら?

3月って、年度末の会社も多いでしょうし、身の回りが色々と変わる月よね。空気も日に日に暖かさを増して、気分も明るくなるから、冬の間に色々と溜まってしまったものを「リセット」できるチャンス!

仕事やプライベートの人間関係は、定期的に整理して不要なものは処分していかないと、そのうちキャパオーバーになって、自分にとって本当に大切な人たちの場所や、新しく巡り会う筈の人の場所が無くなってしまうの。本来囚われなくていい人との関係を、情だけでダラダラ続けていてもロクなことがないわ。箱の中の腐ったみかんを放置していると、あっという間に全て腐ってしまうのと同じ。
定期的な人間関係の棚卸しは絶対に必要なのよ。

真っ先に切るべきは「一緒にいてもネガティブになる人」

あなたの周りにも一人や二人いないかしら。一緒にいるだけで、どうにも嫌な気分にさせられる人。
最近私も悩まされていたの。
私のやることなすこと全てに、「お前はダメな人間だから」とでも言わんばかりに否定的な言葉を発してきたり、なんだかよく分からないけれど、マウンティングして上から目線で偉そうなことばかり言う女がいて、彼女と話す度に嫌な気持ちになっていたわ。

いつも、私のためにアドヴァイスをしてくれているようなのだけど、何かが違うの。あとから効いてくる毒のように、彼女に言われた言葉は、私の中ですごく不快なものにしかならなくて、そんなふうにしか受け止められない自分に問題があるんじゃないかしら、と思ったくらい。でもそうじゃなかったの。

親切もどきに要注意!

何故彼女の発言を不快に感じてしまうのか、しばらく考えていてわかったことがあったわ。
彼女は何か大きなコンプレックスを抱えていて、それをうまく消化出来てないから、とにかく人の幸せや、誰かのポジティヴな挑戦を見ると、片っ端からそれを否定して自分と同じ沼に引っ張ろうとしているんだ、ということ。一見人のために発しているような言葉は、裏を返すと他人が自分よりも幸せになることが許せない気持ちの表れだったというわけ。

こういう「親切もどき」には要注意よ。
嫌な気持ちになるということは、自分にとって何か引っかかるポイントがあるということ。そこに目をつぶって我慢をしていると、取り返しのつかないことになってしまうわ。
自分にとって本当に大切な人は誰なのか、一度ゆっくり考えてみてちょうだい。

物理的に「消して」みる

mirandasays001 image2

人間関係を棚卸しする時に、とてもおすすめの方法があるの。私が以前、人間関係に悩んでいた時に、とある人に教わったのだけど…効果は絶大。
やり方は簡単。スマホの連絡先を徹底的に整理するの。
誰だったか思い出せないような相手は勿論、自分から連絡を取りたいと思える相手以外全員「消して」しまって構わないわ。たとえ後から連絡を取る必要がでてきても、今のご時世どうにか連絡をとるなんて簡単だもの。とにかく消してみて。

この方法を聞いた当時、様々な人間関係に疲れ果てていたあたしは、電話帳に300人以上登録されていたの。でも「騙されたと思って消してみて」と言われて、思い切って250人近くを削除したわ。
……そしたらどうなったと思う?
物理的に「消してしまう」という行動を通じて、もやもやと悩み続けていた人間関係の数々にふっと諦めがついて、自分が本当に大切にすべき人を知ることが出来たのよ! 信じられないかもしれないけれど、目に見えない人との繋がりを「物理的に断つ」ことの効果は大きいわ。

最近はLINEやSNSでやりとりしている場合も多いから、単純に消すのが難しい場合もあるわよね。思い切ってブロック出来ない時は、せめて相手とのやりとりを非表示にして一時的に視界から消すんでもいいのよ。
大切なのは、相手との関係を見直して、自分にとってマイナスな人との関係を清算すること。

Writer : Miranda

Message

常に心地よく生きる。

これは私がみなさんにお伝えしたい一番大切なメッセージよ。
人間関係の棚卸しをすることは、「人生の主人公は自分自身なんだ」という意識を取り戻す意味も持っているの。他人の圧力や、マイナスのパワーに引っ張られてばかりいると、心が疲弊してしまうわ。
日々のストレスをゼロにすることはなかなか難しいけれど、自分が本当に大切にすべきものに気づくことで、ストレスよりも心地よさにフォーカスできるのよ。

私が提唱している「Better Life」は、こんな風に、毎日をちょっとずつアップデートしてゆく生き方。
まずは人間関係の棚卸しを、ぜひ試してみてね。

Share iline Facebook Twitter