mirandaレコメンド! まずはライトなBL作品から

まずはあまり男同士の描写に免疫のない初心者にもおすすめの作品達からご紹介するわね。うふふ。

 

切なさに震えちゃう! 『どうしても触れたくない』全1巻 ヨネダコウ著 大洋図書

「どうしても触れたくない」カバー画像

「どうしても触れたくない」大洋図書

まず一番最初に紹介したいのが、このヨネダコウ先生著『どうしても触れたくない』よ。

ヨネダコウ先生は、数々の名作を描かれているのだけど、デビュー作のこの『どうしても触れたくない』はmiranda的1位に君臨する作品。

物語は、傷ついた過去の経験を秘めた嶋くんが、新しい会社に出社して、図々しくて歯に絹着せぬノンケ(←NOTゲイっていう意味の業界用語よ)の上司、外川と出会うところから物語がスタートします。

グイグイくる上司の外川に、図らずも惹かれていく嶋くんなんだけど、過去の経験からそれを素直に受け止められないの。

外川は外川で、男には興味がないはずなのに、そんな嶋くんがどうにも気になってしまって…。

二人の不器用な恋の行方を、二人それぞれの視点と、課長の小野田さんの視点を交えて描いていて、もう最初から最後までノンストップに続くモドカシイ場面の数々に、BL初心者のあなたも悶えること間違いなし!

そうそう、この作品は実写映画化もされたんだけど、映画は見ない方がいいわね。漫画の良さを台無しにしているわ。

ちなみに、スピンオフとして課長の小野田さんの恋を描いた『それでも、やさしい恋をする』という作品もあるのだけど、そちらもおすすめ! 繊細な恋を描くのが本当に上手なヨネダコウ先生の作品群はどれも素晴らしいの。ぜひ『どうしても触れたくない』を読んでみた後は、他の作品も読んでみてね!

 

ノンケの男とゲイのドタバタ恋愛模様 『俺は頼り方がわかりません』1〜2巻 腰乃著 リブレ

「俺は頼り方がわかりません」カバー画像

「俺は頼り方がわかりません」リブレ

男の子達のわちゃわちゃした恋愛を描かせたら右に出るものはいない、腰乃先生の作品も、BL初心者のあなたにおすすめ!

エロ要素もそこそこあるんだけど、腰乃先生の描写はそこまでグロくないから安心して(←多少エロいけど笑)

小さい頃から優等生でなんでも器用にこなすことができる主人公の牧野が、就活の失敗がきっかけで童貞ニートかつイ●ポになってしまうところから物語が始まります(どんなスタートよ、って感じだけど笑)。

ようやく決まった就職で、ど田舎の学校に赴任することが決まった牧野。赴任先にようやくたどり着いたものの、到着早々に道に迷い、川に流れているところを、清宮という男に助けられるも、ゲイの清宮に襲われて…。

田舎での生活に徐々に馴染み、自分らしさを取り戻してゆく牧野と、牧野を襲ってはみたものの、無邪気に接してくる牧野との距離感に戸惑う清宮の関係は一進一退。

ノンケの男子が、ゲイに惹かれてゆく描写の細かさは、腰乃先生の真骨頂!

この作品はもともと『部活の後輩に迫られています』という作品のスピンオフなのだけど、「部活の後輩に迫られています」もおすすめの作品。ぜひ読んでみてね★

 

魂の合体がなんかエロい?! 『さんかく窓の外は夜』全7巻(連載中)ヤマシタトモコ著 リブレ

「さんかく窓の外は夜」カバー画像

「さんかく窓の外は夜」リブレ

この作品は、厳密に言えばBLモノって訳ではないのだけど、主人公の三角(みかど)くんと、冷川(ひかわ)さんのやりとりがそこはかとなくBLなので、おすすめリストに加えてみました。

エロシーンはないので、BLのエロシーンがどうしても苦手! っていう人にも是非読んでいただきたい作品よ。

幽霊が見えてしまう特異体質の三角くんが、除霊商売をしている冷川さんに見出され、助手に任命されるところからストーリーが始まります。

どこか浮世離れしていて謎めいた冷川さんに振り回されつつ、なんだかんだ彼のお世話をしちゃう三角くんのやりとりが微笑ましくて、きゅんきゅんしちゃうの!

でも物語が進むにつれて、小さい頃に出ていってしまった三角くんの父親の秘密や、冷川さんの抱える過去のこと、謎めいた少女・非浦英莉可(ひうらえりか)と、彼女が関わっている宗教団体の謎など、次第に物語はディープな方向へ…。

ヤマシタトモコ先生は、BL作品も多く手がけていて、どの作品もサブキャラまでしっかり設定がある緻密な作風と、独特なセリフ表現がなんだかクセになっちゃうの。

冷川さんと三角くんが除霊する際に「魂を合体させる」のだけど、その描写がなんともエロくて、さすがはヤマシタトモコ先生! って感じね。サスペンス的ストーリーでありながら、そこまで重さを感じさせない表現もさすが。

2019年7月現在、7巻まで発売されていて、物語のいろんな伏線が見えてきつつあるから、是非手にとってみてくださいね。

ちなみに、ヤマシタトモコ先生のデビュー作『くいもの処 明楽』もBL初心者にとってもおすすめの一冊よ。

 

mirandaレコメンド! ちょっぴりオトナなBL作品も

初心者にもおすすめの作品でBLの世界を知ったら、是非手にとってみてほしいオトナな作品も紹介します。あーーーん!

 

オトナのオトコのディープな世界 『SMOKE』井上佐藤著 バンブーコミックス 麗人セレクション

「SMOKER」カバー画像

「SMOKER」バンブーコミックス 麗人セレクション

井上佐藤先生のデビュー作『SMOKER』はタイトルの通り、タバコをモチーフにした短編作品集なのだけど、もう冒頭からとにかくエロいオトナのオトコ達の恋愛模様が秀逸な一冊。

この人ゲイなのかしら? と思ったくらいに(←井上佐藤先生は女性です)、とにかくエロの描写がリアルで、ディープ!

かなり直接的なエロの表現は、苦手な方は苦手かもしれないけれど、エロ以上に登場人物達のかっこよさと、どこか寂しさを抱えた表情や設定がとにかくオトナなの。これぞBLって言える作品じゃないかしら。

この漫画を刊行している『麗人』っていうBL雑誌は、キャッチコピーが「ヤバイくらいにアダルト、痛いくらいにドラマチック!」っていう超オトナクオリティな作品ばかり。井上佐藤先生の作品も、そんなディープな描写とドラマティックな展開がたまらないくらいに魅力的。

『SMOKER』はそれぞれの話がタバコの銘柄をモチーフにしていて、禁煙化が進む今の時代にタバコものってどうなのかしら、と思ったけれど、煙草をふかす仕草がもうエロくてエロくて!

短編集ながら、短い話の中にぎゅっとオトナのエッセンスを詰め込んだ作品ばかりで、何度も読み返してしまうこと間違いなしよ!

井上佐藤先生の『子連れオオカミ』もおすすめの作品よ。バツイチ子持ち同士の恋に悶えること間違いなし(「子連れオオカミ」の続編、『オオカミの血族』も合わせて読んでみてね!)。

 

ネオンカラーの美麗な絵に悶える! 『ネオンサイン・アンバー』全1巻 おげれつたなか著 ディアプラス・コミックス

「ネオンサイン・アンバー」カバー画像

「ネオンサイン・アンバー」ディアプラス・コミックス

おげれつたなか、っていう衝撃的なペンネームにびっくりしちゃダメよ!笑

おげれつたなか先生は、とにかく美麗な絵がBLファンを唸らせる作品を沢山出していらっしゃるわ。

この『ネオンサイン・アンバー』は、汗が弾ける夜のクラブの描写や、主人公の緒方が、サヤに惹かれる様を丁寧に描いたおげれつたなか先生らしい秀逸な作品。エロシーンも、緻密な描写がリアルでドキドキしちゃうこと間違いなし!

いつも違う女を連れているギャル男のサヤの意外な一面を知ったことで、どんどんサヤのことが気になってしまうのに、「男だから」という理由で一歩を踏み出せない緒方のもどかしさと、緒方に素直になれないサヤの抱えた過去など、伏線もばっちり。

なかなか上手くいかない二人の恋の行方に悶えながら一気に読める作品ね。

おげれつたなか先生の作品は、濡れ場描写がピカイチなんだけど、ストーリーもしっかりした作品ばかり。

『恋愛ルビの正しいふりかた』『錆びた夜でも恋は囁く』『はだける怪物』シリーズもとってもおすすめ!

 

スリルショックサスペンスな異色作品 『In These Words』全3巻 Guilt Pleasure著 ビーボーイコミックスデラックス

「In These Words」カバー画像

「In These Words」ビーボーイコミックスデラックス

こちらはちょっと異色の作品。

アメコミをベースに活動している咎井淳(Jo Chen)による、官能BLサスペンス作品よ。海外作品らしい骨太なストーリー展開にドキドキすること間違いなし! 英語圏のほか、中国語圏でもリリースされているわ。

圧倒的な画力で描き出されるストーリーは、サスペンス色が強くて、最初はちょっと難解なのだけど、読み進めていくと「そういうことだったのね?!」と腹落ちするはず。

精神科医の浅野克哉と、連続殺人犯のスリリングな関わりから紐解く事件の全貌を知った時には、思わずため息が漏れるわ。

しかも、登場人物がイケメン揃いだから、女々しい感じのBLは嫌い! っていう男臭いオトナのオトコが好きなあなたにもおすすめ!

ちょっぴりショッキングな描写も登場するから、バイオレンス系の作品が苦手な方にはちょっと刺激が強いかもしれないけれど、BL作品になれてきた方に是非手にとっていただきたい骨太な作品ね。

スピンオフの小説作品や、漫画もリリースされているから、是非シリーズで手にとってみてね★

Writer : Miranda

Message

BL漫画って、普通の少女漫画と比べるとエロがフューチャーされがちなんだけど、どんな王道のストーリーの作品でも、登場人物たちが「男を好きになってしまう」過程を丁寧に描いているものが多いから、苦手意識を持っている人も、食わず嫌いにならずにチャレンジしてみてね。

今回紹介した作品はBL漫画のほんの一部。

腐女子だけのものにしておくのは勿体無い珠玉の作品ばかりだから、気になるものがあったら是非手にとってみてくださいね。

Share iline Facebook Twitter