全てがパーフェクト!文句なしのナンバーワン「Edison Fan(@edisonfanye)」

 

全世界に47万人のフォロワーがいるEdison Fan(@edisonfanye)は、中国系ニュージランド人のモデル/インフルエンサー。
透き通るような瞳が印象的な端正な顔立ちと、彫刻のようなボディーはまさにミスターパーフェクトね。投稿を見ているだけで破水しそうになるわ!

 

アメリカンアイドルの中国版「Supermodel」で審査員を務めていたり、最近は中国をベースにOMGというスポーツウェアブランドを立ち上げたり、幅広く活動しているみたい。
2013年に、Josh Talorというニュージランド人と結婚した様子がYoutubeの動画にアップされているのだけど、現在もJoshとパートナーであるかは不明(インスタにはJoshが登場した形跡無し)。2017年にはFredericという息子ができたことを投稿して全世界のフォロワーを驚かせたわ。でも、女性と結婚したという情報はなく、代理母出産ではないかと言われているの。

もうとにかく全てがゴージャスなEdison Fanのアカウントはマストフォロー!
私もこんなイケメンと出会いたい!

 

こんな先生に教わりたい!台湾のダンサー「Tsz(@junhaohu)」

 

あんたマッチョなら誰でもいいんじゃないの? と思われそうだけど、そんなことはないのよ。ただのマッチョは世界中にいるけれど、才能ある美しいマッチョは少ないわ。
こちらのTsz(@junhaohu)は台湾で活動しているダンサー。ナチュラルに引き締まったヘルシーなボディと、太目の眉毛がチャームポイントの少年みたいな顔立ち が、私の中の母性をぎゅんぎゅん刺激するの!

 

 

定期的にダンスのレッスンを行っているみたいで、投稿やストーリーでもキレのあるダンスを披露しているわ。

めちゃくちゃイケメン! っていうわけじゃないけれど、そんな手の届きそうな(届かないけど!)雰囲気がまたGOOD。時々ストーリーに登場する猫ちゃんも可愛くて、私もTszの猫になりたい! と思ってしまうわ(←馬鹿)。

 

まさに貴公子! ロシアのピアニスト「Dmitry Shishkin(@shishkindmitry)」

 

ロシアをベースに活動するピアニストのDmitry Shiskin(@shiskindmitry)は、クラッシックの音楽家にありがちなもっさりしたイメージは皆無の、まさに王子様系のルックス。彼を見つけた時、こんな人漫画の中にしかいないと思っていたのに実在していたなんて! と鼻息が荒くなってしまったわ。

 

 

どこか物憂げな整った顔立ちに引き込まれてしまうの。ちょっぴり神経質そうな、まっすぐな目にもゾクゾクしちゃう!
ショパンやラフマニノフの難曲を、さらさらと弾きこなす才能にも、惚れてしまうこと間違いなしよ。演奏の動画も時々アップしているから、是非チェックしてみてね。
嗚呼、日本でも公演してくれないかしら…。

 

世界が恋するチェリスト!「Pablo Ferrández(@pabloferrandez.cellist)」

 

なんとフォロワー数が68万人もいる、Pablo Ferrández(@pabloferrandez.cellist)は世界を旅するスペイン人チェリスト。
ものすごく顔が整っている! っていうわけじゃないけれど、どこか憎めないワイルド&キュートなルックスが魅力的ね。動画を是非見てほしいのだけど、パッションに溢れた叙情的な音色が本当に素晴らしくてたまらないの!

 

 

世界中の名だたるオーケストラと共演する彼のインスタアカウントには、プレイ動画がよくアップされるから、心がガサガサしている時に開くと、なんとも気持ちが癒されるわ。
動画の数は少ないけれど、Youtubeにチャンネルもあるから、是非チェックしてみてね。

 

脅威の〇〇歳!「CHUANDO陈传多(@chuando_chuandoandfrey)」

 

ごめんなさい。白状するわ。そうよ、私はマッチョが好き!
こちらのCHUANDO陈传多(@chuando_chuandoandfrey)は世界が驚嘆した話題の人物。
何故って、このルックスで御歳なんと53歳なの! 引き締まったボディーも端正な顔立ちも、どこをとっても私たちが知っている50代とは大違いよね!
世界中のメディアが、脅威の50代として紹介しているCHUANDOは、若かりし頃はモデルとして活動をしていて、現在はフォトグラファーという肩書きで活動しているわ。

 

 

これで50代だなんて、本当に一体何をしたらこんな風になれるのかしらね…。とあるインタビューでは、「ヘルシーな食事と、フィットネスでこのルックスをキープしている。」って答えていたけれど、持って生まれたものも絶対にあるわよね。
私は、付き合うなら40代前半までって思っているけれど、こんな50代なら喜んで身を捧げちゃう…(←陶酔)。

Writer : Miranda

Message

イケメンて、本当に尊い存在よね。ただ見ているだけで、こんなにも心が満たされるんだもの。

今回紹介した5人は、私が普通に生活していたら、絶対に出会うことはなさそうな人たちばかりだけれど、だからこそ、インスタというSNSで彼らの日常に触れることが出来ることに感謝したいわ。

みなさんも、お気に入りのイケメンを見つけて心癒されてくださいね。

Share iline Facebook Twitter