今いる会社で給料を上げるのは時間がかかる

業績が右肩あがりのベンチャー企業などではない限り、一つの会社に勤めていると、給料をあげるのはなかなか大変。
大幅な目標達成が求められたり、役職につく以外であれば、毎年の昇給はさほど多くを望めない場合がほとんどじゃないかしら。じっくり腰をすえて、給与アップを目指すことはもちろん重要ですが、もし、給与を一気にアップさせたい!と思う場合は、転職を考えてみてもいいかもしれないわよ。

実を言うと、私は今働いている会社が7社目。
こんなに転職しまくるのがいいとはもちろん思っていないけれど、私は転職するたびにお給料もきちんとアップさせているし、なによりいつも前向きな気持ちで働くことができているの。人生は自分で作るもの。だから後悔もしていないし、迷ったらまず行動して結果をみてみようといつも思っているわ。

 

転職にネガティブなイメージを持ってない?

プロジェクトごとに会社を変わることもあるような欧米とは違って、終身雇用のイメージがまだまだ根強い日本では、転職にネガティブなイメージを持つ人も多いのが現実よね。
でも、さっきも言ったけど、人生は自分で作るもの。その気持ちが少ない人、すごく多いわ。でもそんなんじゃダメ!雇われの身で一生過ごすとしても、どんな環境で働きたいのか、自分はどんな会社でなら輝けるのか、それを考えることをサボった瞬間にあなたの日々は無残なものになると心しておいて。

周りのイメージや他人の意見に流されずに、自分の人生を考えること。それは何よりも重要よ。
もしも今の給料や待遇に満足できないのなら、悶々として日々を過ごすよりも、転職して新しい環境に飛び込んでみるのも一つの選択肢じゃないかしら。

 

自分の市場価値を知るのが転職活動


実際に新しい会社に移るかどうかは別として、人生に迷ったら転職活動をとりあえずやってみることをおすすめします。
転職活動をしてみると、今の社会の中での自分の市場価値がわかるの。
簡単に言うと、あなたに幾らの値段がつけてもらえるかってこと。

転職サイトに登録してみて、どんな会社からどんな待遇のオファーが来るのかみてみるといいわ。自分の経歴にどれくらいの値段がつくのかを、知ることができれば、今の会社での待遇が自分に見合っているのかを、客観的に見ることができるようになるじゃない?
むしろそれを知らずに今後の人生設計を立てるなんて、無謀よ。

 

転職したいなら、プロを頼るのが一番の近道

今の自分の市場価値があまり高くないように感じても、焦らなくて大丈夫。
転職サイトに登録してわかるのは、あくまでも一次的な情報だけ。もしかしたら、あなたがアップした職務経歴書がうまく書けていなくて魅力を半減させてしまっている場合も往々にしてあるし、「営業」や「広報」みたいな登録したキーワードだけで適当に送られてきているオファーである場合もよくあるからよ。

だから、転職を考えるなら、絶対にプロの手を借りることをおすすめします。
これは過去に転職エージェントをやっていた私が言うんだから間違いないわ。
転職エージェントを使い倒すことこそ、天職と思える仕事や、本当に毎日が楽しくなるような会社と出会える秘訣だと言っても過言ではないわね。

そうでなくても忙しい毎日の中で、ちまちま求人情報なんて見てたってダイヤモンドは見つからないのよ!
仕事探しは男探しと同じ。結婚してもいいと思える男に会いたかったらとにかく母数を増やさなきゃダメでしょう?

 

まずは大手サイトに登録して、相談に行ってみて


まずは、リクナビだとか、マイナビ転職みたいな大手サイトに登録してみる人が多いと思うのだけど、登録するだけじゃなくて是非エージェントとの面談を利用してみてね。
大手サイトに登録すると、ほとんどの場合その会社のエージェントから面談の連絡が来ると思うから、面倒でもまずは一旦エージェントに会いに行ってみましょう。これを面倒がっていると、いつまで経っても転職できない人予備軍になるから、絶対に時間を作って会いにいって。
どうしても時間がないなら、電話相談をしてくれるところもあるから、聞いてみるといいわ。

エージェントに会いに行くと、これまでのキャリアのヒアリングをしてくれて、これからやりたいことや、転職でどんなことを叶えたいのかを洗い出してくれるの。素晴らしいでしょう?あなたが一人で悶々とひねり出すよりスーパー早く基本の洗い出しができちゃうんだから。
エージェントはその情報を元に、案件を探してくれるし、職務経歴書の添削をしてくれる場合が多いから、自分の職務経歴書を転職市場にフィットしたものにブラッシュアップしてもらえるのよ。

エージェントに頼むとお金がかかるんじゃないかと思う人もいると思うのだけど、転職エージェントというのは、あなたの転職が決まった際に、紹介先の企業からお金をもらう仕組みになっているから、お金はかかりません。
※一部エグゼクティブ系の求人が多いサイトなんかだと、サイトの利用に月額が発生する場合もあるけど、基本的に転職エージェントは無料のサービスになっている場合がほとんどだから安心して。

 

思わぬ未来が開ける場合も

エージェントを利用する利点として、もう一つ挙げたいのが、自分とは違う視点で仕事を紹介してもらえる場合も多いということ。
日々たくさんの仕事の案件に目をとおしているエージェントだからこそ、あなたの今の経歴の延長にある仕事だけではなくて、また別の視点から仕事を見つけてくれることもあるの。
例えば今、提案営業の仕事をしているとするじゃない?そしたら、転職する際にまた営業職しかできないかっていうと、そんなことは全然ないの。提案力を生かした企画の仕事を提案してくれることもあるし、仕事の調整力を生かして、編集や広報の仕事ができるっていうこともあるわ。

人生に迷っているあなたは、素直にそれを伝えていろんな方向から仕事を紹介してもらえるようにオーダーしてみて。
自分一人で考えていると、「こんな仕事はやってみたいけど、無理」と思ってしまいがちだけれど、転職エージェントは様々な提案をしてくれるから、使わない手はないわよ。

 

自分にあった優秀なエージェントを探す手間を惜しまないで

残念ながら、エージェントの中には、なんでもいいから仕事を決めさせて自分の営業成績達成を真っ先に考えている人もいるわ。
まあ向こうだって仕事としてやっているんだから、ある程度は仕方ないけれど、そんなたちの悪い人でなくても、提案がイマイチっていう場合ももちろんあります。
なんかこの人とは合わない、みたいな感情論でもいいの、ダメならさっさと「チェンジ」を伝えましょう。悪いのはあなたじゃなくて、寝ぼけた提案をしてきたエージェントなんだから、何も罪悪感を抱く必要はないわ。
だから転職エージェントは、一人だけでなく、いろんな会社の人に会って、この人になら任せられる!という人を探さないとダメよ。

転職サイトに登録すると、その会社のエージェント以外からもメッセージが来ることが多いから、オファーがあったらまずは会って話して見るのがおすすめ。手間はかかるけれど、恋人探しと同じで、いきなり相性バッチリな人と巡り会える可能性はそんなに高くないから、とにかく色んなエージェントに会ってみてね。
そして、エージェントが所属する会社によって持っている求人情報も様々だから、より幅広い選択肢を持てることにもつながるのよ。

 

強い気持ちでノーを伝えましょう


いいエージェントに巡り合ったとしても、もし紹介された案件が自分の希望と違ったり、その会社に魅力を感じなかったら遠慮なく「ノー」を伝える気持ちで臨むこと。これは結構大事なことなのだけど、人によってはエージェントにごり押しされてなんとなく面接に行ってしまったりする人もいるの。
全くもってそんなのナンセンス!貴重な時間の無駄だし、なにも生み出さないから絶対にやってはいけないことよ。

自分の人生の決定権は、あくまでも自分にあるのだということを肝に命じて、エージェントに気を使うのはやめましょう。
ノーならノー、応募に迷っているポイントがあるならはっきりとそれを伝える、そうやってコミュニケートしないと、エージェントもあなたにフィットする案件を探せません。

 

口コミサイトの閲覧はほどほどに

私自身も経験があるんだけど、興味がある会社の口コミをみたら、ひどい口コミのオンパレードで尻込みしてしまったけど、入社してみたら自分にものすごく合っている会社だったってこともあるから、会社の口コミサイトの閲覧は参考程度にしておきましょう。
火のないところに煙は立たずっていうから、口コミサイトに載っている情報が全くの嘘っていうことはもちろんないけれど、基本的にああいった口コミサイトには、会社に不満があって辞めた人の方が書き込みがち。全てを鵜呑みにせずに、まずは面接に進んでその会社の人に会って判断しましょう。

 

面倒な交渉はエージェント任せでOK

例えば、「すごくこの仕事に興味があるけど、お給料がちょっと少ないな…」とか「休暇やワークライフバランスについて面接でうまく聞けなかった…」みたいな場合は、すべてエージェントに頼りましょう。
エージェントって本当に便利な存在よ。こちらに角を立てずに、ビジネスとして解決してくれるから。
ここでももちろん遠慮は不要。候補者の給料が上がることは、エージェントにとっても営業成績アップにつながるから、きちんと会社と交渉をしてくれます。面接でうまく話ができなかった場合も、エージェントにきちんと話せば、先方の担当者にきちんとフォローをしてくれるわよ。

 

大胆な決断で、人生を自分のものに

転職するにはそれなりにパワーが必要だし、新しい環境で一からスタートするにも「えいやっ」という気持ちのリセットが必要よ。
でも、納得がいかないお給料で悶々としながら働き続けるよりも、新しい気持ちで適正なお給料をもらって頑張る方がよっぽど自分のためになるじゃない?

だから、迷うくらいなら、一度転職活動をしてみるのがおすすめです。転職活動をしてみて、その時はいい会社や仕事に出会えなかったとしても、「こんな仕事がしてみたいけれど、それにはこういう経験が少し足りないから、今の会社で実績をもう少し積もう」と自分を客観的に見直すことにつながるわ。
何度も言うけど、人生は自分で作るもの。自分の人生は自分で舵取りをして進むもの。

さ、迷っている暇があるなら、転職サイトに今すぐ登録しましょう!

Writer : Miranda

Message

自分の人生を仕切れるのは自分だけ。

アラサー女子は20代の時のように勢いや気分だけでは行動できないことも増えて、それが重荷だと感じることもあるわよね。でも、仕事も恋も、結局どれくらい行動できたかで結果が変わってくるから、諦めたり投げやりになったりせずに、向き合ってもがいてみたほうが絶対にいいと思わない?

行動しなければなんの結果も得られないけれど、行動してしまえば、何かしら答えを見つけることができるのよ。

もし今仕事にモヤモヤしている人がいたら、今年はちょっと重い腰をあげて自分の人生を軌道修正してみましょうね!

Share iline Facebook Twitter