「え、4回もデートして手も繋がないって、随分奥手だね。」

真紀が苦笑いをして、いちごがたっぷり乗ったタルトにフォークを入れた。

「だよね。なんか、脈があるのか無いのかもよく分からなくて。」

真紀からランチに誘われて、図らずも、先日加賀美と来た代官山のカフェを訪れた。今日は天気も良くて、日当たりのいいテラス席が気持ちいい。

「最近の男の子ってそんな感じなのかな。なんかこのままいくと、ただの友達で終わりそうな気がしちゃって。」

「んー、人によると思うけど、クリエイター系の男の子は確かにちょっと奥手かもね。うちのブランドのデザイナーの男の子も、なんていうか植物みたいな感じだから。」

確かに加賀美は、部屋の中にある大きな観葉植物みたいだ。

「言えてる。なんか意思疎通できないわけじゃ無いんだけど、話しててもどうも反応がないっていうか、手応えがないんだよね。」

「都はその彼と付き合ってみてもいいな、とは思ってるの?」

「うーん。正直まだ分からないんだよね。でも、彼のことをもっと知りたいとは思ってるかな。」

「でもその年上の人とはキスまでしちゃったんでしょ?」

宮藤さんとは、キスこそしたものの、お互いに付き合うと明言はしていない。なんだかそれを考えると、久々に男の人とデートはしているものの、結局状況には変わりはない気がしてしまう。

「とりあえず、次のデートでも何もなかったら、一旦見切りをつけて、宮藤さん?との関係を深めてみるのもありかもだね。」

「そうだよね…。宮藤さんとの関係の方が、付き合ってる自分が想像できるかも…。」

でも、加賀美のことをないがしろにもできない気がして、一体私自身はどうしたいんだろう、と思ってしまう。久しく恋愛をしていなかったおかげで、こういう時の気持ちと行動のバランスの取り方が、分からなくなってしまっている気がする。

「実はさ、この間、学から話があるって言われてね。」

真紀がフォークを置いて、おもむろに切り出した。

「うん、どうしたの?」

いつも笑顔を絶やさない真紀には珍しく、伏せた目元に迷いが浮かんでいて、私もフォークを置いた。

「……子どもを作ることを考えてみないか、って言われたんだよね。」

「え?……でも、子どもは当分いらないって言ってなかった?」

この間、真紀の家で飲んだ時も、確かに学くんは、子どもは今すぐ作らなくていい、と言っていた気がする。そもそも真紀はずっと、子どもを育てるより仕事がしたいと言っていて、学くんもそれを承知しているのだと思っていた。

「話しをしたら、ずっと、いつかは子どもが欲しいって思ってたみたいなんだよね。私の仕事が順調だから、言い出せなかったみたいで。」

「そうなんだ……。でも、真紀はどう思ってるの?まだ仕事頑張りたいんでしょ?」

真紀の表情からして、今すぐに子どもを作りたいのでは無いことは明らかだ。

「正直、私子どもは今考えられなくて…。仕事が順調だからっていうのももちろんあるけど、私は学と生きていきたいけど、そこに子どもが必要だって考えたことがなくて…。」

「うんうん…で、何て答えたの?」

「嘘はつきたくないから、そのまま伝えたんだよね。でもそしたら、学とちょっとぎくしゃくしちゃって…。」

「そっか……。でも、それって、相手に合わせて考えを変えるっていう問題でも無い気がするから、真紀がそう思えないなら、無理してどうこうって話でも無い気がするけど…。」

「私もそう思ってるんだよね。だから、学ともう一回話さなきゃって思ってるんだけど、ずっと気持ちを隠して私に合わせてくれてた学のこと考えると、それが正解なのか迷っちゃって。」

「そうだよね…。」

相手に自分の気持ちを伝えるのは、なぜこんなに難しいんだろう。それこそテレパシーでも使えるなら話は違うのかもしれないけれど、そんな力のない私たちは、言葉にして気持ちを伝えないと相手には伝わらない。

それは恋人であっても、友達でも家族でだって同じことだ。

「彼にうまく伝えられるように、ちょっと考えてみる。変な話ししちゃってごめんね。」

いつもの笑顔に戻って、真紀はそう言ったけれど、私はなんだかモヤモヤしてしまって、いつもの通り気の利いた一言が思いつかずに、曖昧に笑い返すのが精一杯だった。

1 2

Writer : Miranda

Message

「二人とも愛しちゃダメですか?」第8話はこちらから

 

最初から読む方はこちらから

Share iline Facebook Twitter