◆すきっ腹はNG!飲み会前の準備は万全に。


空腹状態でお酒を飲むのが良くない事は、もう常識レベルでご存知のはず。
胃からのアルコール吸収が早くなって酔いが回りやすくなったり、肝臓が守られずダメージを受けやすくなったりと良い事なし。

「今日は夜に飲み会があるからランチは抜いておこう」

という考えは、あまりお勧めはできないの。
ランチでしっかり胃に物を入れて、飲み会に向けてのコンディションを整えて。

 

mai’s advise▼
チーズやヨーグルトは、タンパク質と適度な脂肪分で胃の粘膜を保護。
飲み会に向かう前にサクッと補給してみて。

◆カロリーが気になるあなたに。飲み会のベストチョイスメニューは?


お酒が入ると気持ちが緩んで、ついつい飲み過ぎ・食べ過ぎなんてことあるんじゃない?
ダイエット中ならカロリーも気にしつつ、お酒と相性の良い食事をチョイスしていきましょう!おススメの食材・メニューをチェックしてみて。

 

《お肉類》

・焼き鳥

飲み会の定番メニューね。
たんぱく質は、肝臓の働きを高めてアルコールを分解を促してくれると言われています。カロリーが気になるなら、タレより塩がおススメ。鶏皮はハイカロリーだから気を付けて。

・馬肉

高たんぱくで低カロリーな馬肉はダイエット中の方にも最適なメニュー!
鉄分も豊富で栄養価も高く、女性には特におススメ。

 

《魚介類》

・カツオ、マグロ(赤身)

お魚の中でも特に高たんぱく
またアルコールを飲んだ際に失われがちなビタミン類も豊富で、お酒との相性も抜群◎

・タコ・イカ・牡蠣

肝臓の働きをアシストしてくれる「タウリン」が豊富。
おススメの食べ方はやっぱり生で。アルコールの吸収を抑えてくれるオイルと組み合わせた料理”カルパッチョ”などもおススメ。

 

《野菜・その他》

・トマト

アルコールと一緒に食べる事で、酔いにくくなると言われている優秀な食材。
チーズ&オリーブオイルも一緒に摂れる”カプレーゼ”は、お酒との相性抜群なメニューの一つ。

・ネバネバ食材 

ネバネバ成分の「ムチン」は胃の粘膜を守りアルコールの吸収を穏やかにしてくれます。
ダイエット中の方には、たんぱく質の豊富な納豆、水溶性の食物繊維が豊富なめかぶがおススメ。

 

mai’s advise▼
ヘルシーでダイエット中の方にもおススメ出来るものを紹介しました。
あくまでこれはごく一部。食事を選ぶ目と知識があれば、ダイエット中でも飲み会を楽しめちゃいますよ!

◆”寝る前の1杯”で、次の日に飲み会疲れを残さない!


楽しかった飲み会も終わり。
次の日に飲み会疲れを残さない為には、寝る前のひと手間が大切。

 

◎寝る前にコップ1杯のお水を飲んで

アルコールを飲むと利尿作用によって、体内の水分が不足しがち。そのまま寝てしまうと、次の朝、脱水症状で頭がガンガンするなんてことも。
コップ一杯のお水を飲んでから眠りにつくようにしてみて。レモン果汁を絞ってビタミンをプラスしてあげるのもおススメ。

◎翌朝は「カリウム」の多い食事をチョイス

アルコールを飲んで失われがちな「カリウム」は朝食で補っていきましょう。
おススメはバナナやアボカド、キウイなど。
朝食べる時間がない!って方は、野菜ジュースやスムージー等で代用してあげてもOK。

 

mai’s advise▼
飲み会の次の日は、しっかり身体を動かしてカロリー消費。
メリハリのある生活を心がけて。

Writer : mai

Message

お酒を注文したら、必ずお水(チェイサー)も一緒に頼むことを忘れずに。

飲み会は、人の新たな一面を知れたり、新しい出会いが広がる場。

ダイエット中でも正しい飲み方を身に付けて楽しんでいきましょう!

Share iline Facebook Twitter