ボーデン・バレット(ニュージーランド:世界ランク1位)

彼のキックは正確無比! パスはピカイチ! ディフェンスを抜き去るスピードも世界屈指!

2016、2017年と2年連続世界最優秀選手に選ばれた、男が惚れる男!

ニュージーランドの三連覇は彼にかかっているとか?! 頼もしいイケメンエース!

プライベートでは2018年1月にご結婚。インスタを覗くと愛妻家の一面が垣間見れます。

1991年5月27日
187㎝/92㎏
SO(スタンドオフ)
@beaudenbarrett

 

この投稿をInstagramで見る

 

Beauden Barrettさん(@beaudenbarrett)がシェアした投稿

 

ソニービル・ウィリアムズ(ニュージーランド:世界ランク1位)

世界で最もセクシーなラグビー選手でもあり、ヘビー級ボクサーであり、三児のパパでもある。

2012年ジャパントップリーグのパナソニックに在籍し、人気をかっさらっていた

拠点の太田市では想像妊娠が絶えなかったとか。moene一押しのイケメン選手。

1985年8月3日
194㎝/108㎏
CTB(センター)
@sonnybillwilliams

 

この投稿をInstagramで見る

 

Sonny Bill Williamsさん(@sonnybillwilliams)がシェアした投稿

 

ダン・ビガー(ウェールズ:世界ランク2位)

プールDを全勝で1位通過したウェールズ。

2015RWCでは五郎丸のコンバージョンキック前のルーティンが話題になったが、ビガーのルーティンも見物! まるでマイケルジャクソンのような動きに注目。

正統派イケメンでSOセクシー!!

1989年10月16日
188cm/93kg
SO(スタンドオフ)
@dan_biggar_

 

この投稿をInstagramで見る

 

dan biggarさん(@dan_biggar_)がシェアした投稿

 

ジョージ・フォード(イングランド:世界ランク3位)

ユニフォームの胸元には薔薇。見よ、この貴公子感。キラキラ男子。

ブルーの瞳で見つめられたら、落ちない女はいないだろう。

妻はどことなく、みちょぱ似。

1993年3月16日
175 cm/87 kg
SO(スタンドオフ)
@george_fordy

 

この投稿をInstagramで見る

 

George Fordさん(@george_fordy)がシェアした投稿

 

ロブ・カーニー(アイルランド:世界ランク4位)

日本でいうと平井堅似? 渋い! 渋すぎる!!

カーニーはこのルックスをいかしてモデル活動もしている。

アイルランド代表メンバー1の肉体美の持ち主。

どうか試合中にユニフォームが破けますように。拝

1986年3月26日
185 cm / 95 kg
FB(フルバック)
@robkearney

 

この投稿をInstagramで見る

 

Rob Kearneyさん(@robkearney)がシェアした投稿

 

ジェシー・クリエル(南アフリカ:世界ランク5位)

moeneが選ぶ、胸筋部門第一位受賞のクリエル。もう試合終了後はグランドで脱いでファンサービスして欲しい。きりっと眉も素敵よね~。

彼は今年、ジャパンラグビートップリーグのキヤノンイーグルスに所属していることが決まっています。RWC2019が終了しても、ラグビートップリーグで会えるイケメン選手です! お見知りおきを。

1994/02/15
186cm/95kg
CTB(センター)/ FB(フルバック)
@jessekriel15

 

この投稿をInstagramで見る

 

Jesse Krielさん(@jessekriel15)がシェアした投稿

 

ハンドレ・ポラード(南アフリカ:世界ランク5位)

2018年2月にゴールインしたばかりの新婚さんです。奥さんは元陸上選手かつ、二人は幼なじみ! ピュアな熱愛を成就させたポラードは、とってもセクシー。声もセクシー。

インスタでの奥さんとのイチャイチャっぷりも想像を掻き立てます。

ありがとうポラード。たまりません。

1994年3月11日
188㎝/99㎏
SO(スタンドオフ)/CTB(センター)
handrepollard

 

この投稿をInstagramで見る

 

Handre Pollardさん(@handrepollard)がシェアした投稿

 

ジェームズ・オコナー(オーストラリア:世界ランク6位)

18歳でオーストラリア代表デビューし、ゴールデンボーイと期待されたが、お酒を飲んでは暴動をおこし(複数回)、コカイン所持でも逮捕され、トラブルメーカーと呼ばれたお粉ー(オコナー)。

そんな彼が成長し、ワールドカップに戻ってきた!

誰にだって過ちがある。手がかかるほど可愛い。インスタにだって、トレーニングしかアップしていないんだから。反省して一皮むけた彼のプレーと甘いマスクに期待!笑

1990年7月5日
180cm/97kg
CTB(センター)/WTB(ウィング)/SO(スタンドオフ)/FB(フルバック)
@jamesoconnor832

 

この投稿をInstagramで見る

 

James O’Connorさん(@jamesoconnor832)がシェアした投稿

 

マキシム・メダール(フランス:世界ランク7位)

ベテラン俳優並みの貫禄ワイルド系イケメンならメダールで決まり!

彼のスーツ姿はLEONに出てきそうな、気品が漂う。ほほを伝う髭がトレードマークで、フランスのウルヴァリンと呼ばれている。パワフルで俊足でワイルド! 若手にはない色気にも注目。

1986年11月16日
180㎝/88kg
FB(フルバック)
@maxmedard

 

この投稿をInstagramで見る

 

Maxime Médardさん(@maxmedard)がシェアした投稿

 

姫野 和樹(日本:世界ランク8位)

お待たせしました! 日本代表からは、えくぼは恋の落とし穴、優しい笑顔が魅力的な姫野君を推します!

耳つぶれてて可愛い~。

タックルを受けてもすぐに立ち上がる日本人離れしたフィジカルで話題になっています。体が大きすぎて、大物力士から相撲部屋にスカウトされた過去をお持ちです。

みんな同じこと思ったと思うけど、姫野君に正常位でジャッカルされたい。

1994年7月27日
187㎝/108㎏
FL(フランカー)/NO8(ナンバーエイト
トヨタヴェルブリッツ所属
kazukihimeno

 

この投稿をInstagramで見る

 

KAZUKI HIMENO 姫野和樹さん(@kazukihimeno)がシェアした投稿

 

ラファエレティモシー(日本:世界ランク8位)

日本代表からもう一人!

彼、キリっとしてません? ティムの試合中の真剣な顔が好きです。

サモア生まれニュージーランド育ち。プールAで母国サモアと戦った時は「日本に恩返しを」と胸熱なコメントをし、前半最初の得点トライを決めた。なんていぶし銀なんだ!

スーパーラグビーのサンウルブスで活躍していた時は、なんと髪を銀色に! おしゃれが過ぎるほど似合っていた。

2019年4月、コカ・コーラを退団して、コベルコスティーラーズに移籍しました。RWC2019終了後もラグビートップリーグで会えます!

1991年8月19日
186cm/98kg
CTB(センターバック)
神戸製鋼コベルコスティーラーズ所属
@timlafaele

 

この投稿をInstagramで見る

 

Tim Lafaele ティモシー ラファエレさん(@timlafaele)がシェアした投稿

 

RWC2019試合日数は残りわずか!!

四年に一度じゃない、一生に一度は抱かれたいイケメンたちを見逃すなかれ!

画像元https://www.ntv.co.jp/rugby2019/players/

Writer : moene

Message

ラグビー界では「結婚するならプロップ」「恋愛するならフォワード」(プロップはディフェンス、フォワードはオフェンスのポジションのこと)と言われています!

プロップは目立たないところで人の嫌がる仕事を黙々とこなす縁の下の力持ち♡ フォワードはトライゲッターぐいぐい系♡

そんな見方もあるラグビーの世界大会RWCが日本で見られるのは今です! お気に入りの選手をみつけて楽しもう!

Share iline Facebook Twitter