★すぐにでも観てほしいディズニー映画8選

 ■美女と野獣

美女と野獣

いきなりの王道!ですが、やっぱり強くおすすめしたい作品。実写映画化など、注目され続ける本作は、根強いファンも多く外せません。ドラマティックなストーリーは言わずもがな、映像や音楽、登場人物の個性、何をとっても素晴らしいですが、何といっても主人公ベルの、その芯の強さや未来の切り開き方、自分の心を信じて真実を見極めることの大切さを再認識させられます。ホールでのダンスシーンは素敵すぎて何度見てもキュンとさせられる!

 

 ■メリー・ポピンズ

メリーポピンズ

ベビーシッターのメリー・ポピンズは魔法使い。絵の世界に入ったり、宙でお茶会をしたり、日常の中の非日常という不思議な体験に、大人もドキドキ。またメリー・ポピンズが歌と魔法を通して子供たち、そして一家に教えてくれる「一番大切なものは何か」という問いの答えに心を打たれます。多忙な日々に自分を見失いそうな大人に見てほしい作品。心躍る音楽はもちろん夢にあふれるエピソード、アニメーションと実写が融合する仕立ても素晴らしい!

 

■ノートルダムの鐘

ノートルダムの鐘

醜い容姿ながら優しい心を持つ主人公カジモドが展開するストーリー。シリアス、残酷なシーンも含まれ、人間の醜い部分がありありと描かれた、ディズニーらしからぬ(?)リアリティ。でもそれによって、完璧な人間なんていないということ、悲しみを乗り越え心を強く持つ方法、そんなメッセージがひしひしと伝わってくるのです。見た後に、自分を見つめ直したくなる、そんな作品。中世後期のパリが美しく描かれているところも見どころ。

 

■ムーラン

ムーラン

中国南北朝時代の『木蘭辞』をモデルにした作品。女性であるムーランが男性として戦場に繰り出す物語。最初は何もできなかった彼女が、ディスアドバンテージを頭脳と努力で切り開いていく逞しい姿、そして個性豊かな仲間との友情に熱いものを感じます。戦いのシーンにはハラハラドキドキさせられ、そして最後に待ち受ける壮大なシーンに、きっと涙なしには観られないでしょう。仕事に恋に日々頑張る女性たちに、サプリメント的に観てほしい。

 

■ターザン

ターザン

こちらは母子の物語。ゴリラに育てられたターザンの成長が描いていますが、希望に満ちていて、明るく、ピュアな気持ちにしてくれます。人間と自然界のかかわり方について考えさせられますし、自分らしく生きることに対して、背中を押してくれる作品。おすすめポイントは特に、大迫力の映像!深いジャングルを駆け巡る臨場感に大興奮。彼の少年から青年への成長過程の描写も圧巻。主題歌のYou’ll Be In M y Heartが流れるシーンも、切なく心に響くはず。

 

■プリンセスと魔法のキス

プリンセスと魔法のキス

ジャズの本場ニューオーリンズが舞台。魔法でカエルさせられた王子との出会いをきっかけに、主人公のティアナは運命を変える冒険へ。冒頭で「星に願いをかけるだけじゃ夢は叶わない。努力しないと」という主人公はかなり現実的な考えの持ち主ですが、それが現代に生きる大人たちに響くポイント。夢に挑戦していく力強いティアナの姿、そして作中の鮮やかな色彩、心地良いジャズの音楽とその歌詞全てに、自分も頑張ろうと元気をもらえるはず。

 

■塔の上のラプンツェル

塔の上のラプンツェル

うまれてすぐにある女性に誘拐され塔の上に閉じ込められて育ったラプンツェルの明るく前向きに生きる姿が愛らしい!夢に向かって一歩踏み出す勇気、世界の美しさへの感動、母への罪悪感との葛藤、悪党の心も動かす魅力…。彼女の言動から感じ取るものも多いはず。自分で体験することで世界が開けるということを教えてくれ、一歩踏み出したいときに背中を押してくれる一作。ランタンを飛ばすシーンは息をのむほどロマンティック。

 

■ズートピア

ズートピア

動物好きにはたまらない?ウサギの警察官ジュディをはじめ、愛らしい動物たちが繰り広げる、ディズニーらしさ全開の映画。小動物のジュディが大型動物に囲まれながら苦難、挫折を乗り越え成長していく物語でありながら、草食動物と肉食動物の隔たり、つまり差別についても触れています。偏見がいかに危険なものであるか、また個性を尊重し、認め合うことの大切さ、役割分担で世界が成り立っているということを実感できる作品。

 

いかがでしたか?今回ご紹介したディズニー映画はほんの一部(そしてちょっとコア)。もちろん、映画は見る人により受け取るメッセージも違うもの。ぜひアナタも実際に観て、感じて、確かめて。

Writer : Jennifer

Message

ディズニー映画、大人になってから観る機会が減っていない?ディズニー映画にはそれぞれ、誰からも愛される理由があります。実は大人にこそ見てほしい、深い作品ばかり。ぜひお気に入りの一作を見つけてみて!

Share iline Facebook Twitter