今注目のダンスチーム「LightHouse」

第一回登場のクリエーターは!? 週末ダンス漬けな私を支えてくれているといっても過言ではない、ふたりのダンサー「LightHouse」のOGAさんとHirokiさんです。

都内のダンススタジオでインストラクターや、国内外でワークショップ・イベントへのゲスト出演やミュージシャンのライブバックアップ・振付を行い、チームとしても映像作品を発表し続けている、今大注目のふたり。

この日は、OGAさんおすすめのバーガーショップ「FUNGO」さんへ。日差しが気持ちいいテラス席でバーガーを頬張りながら、半分オフな気分でたくさん話してもらいました!

OGAさん

「こんにちは! この店は、オフの時間に食事してから出発!みたいな感じで食べに来ています。」

Hirokiさん

「初めまして! テラスが、最高に気持ちいいですね。いつも外の席に決めてます。今日も晴れてよかった!」

 

「かっこいいなぁ」から始まった、ダンスとふたりの出合い

始まりはふたりとも単純な動機だったそう。OGAさんはお兄さん、Hirokiさんはブレイクダンスの映像を見て「かっこいい!」「やってみたい!」と思い、ダンスと出合いました。

お互いに19歳の時、ダンススクールや専門学校でダンスを続けている中、地元千葉のクラブイベントに別々のチームで参加。最初に話しかけたのはOGAさんでした。

Hirokiのチームが、その頃まだ流行りだしたばかりのジャンルを踊っていて、なんだこのチームは! と思って話しかけたら同じ名前で(笑)。そこからですね。

※OGAさんの名前も「ひろき」なんです!

 

出会ってからの約2年間は、もう一人のメンバーと3人でイベントなどに出演。その後、ユニットでの活動期間を経て、お互いが22歳の時「LightHouse」として本格的に始動します。

 

「LightHouse」のクリエイティブとは?

自分の経験したリアルを形にしたい。かけ離れたことはしたくないですね。

そんな“リアル”が詰まった作品がこちら。

「subliminal」

「LightHouse」結成後に、一度OGAさんがダンスから離れた時期がありました。そのことを題材にした作品。

「自分がほんとにやりたいと思っている道と、それができていないことに気づいているのに、行動にできてない。自分の奥底と表面の意識のズレを表現しています。」

さらに、こんなことも話してくました。

OGA:「振付や作品を作るようなクリエーターとしては、自分の立ち位置で考えてますね。オーダーに対してや、Hirokiのアイデアに対してどうアプローチしたらよくなるんだろうとか。」

Hiroki:「『LightHouse』での自分はダンサーとは思ってなくて、表現の方法がダンスだったんですよね。個人としてダンスと向き合い、自分にとってのダンスに悩んだことがあって。その時に、喋るのが得意ではなくて、言葉でうまく伝えられないことがコンプレックスだと気づいたんです。それと同時に、言葉じゃなくても表現をすることがしたいんだって感じられたから、続けられているんだなと思いました。

 

表現の可能性にあふれた、ふたりのこれからは……

 

今のダンサーという枠からはみ出たい。ミュージシャンの曲に合わせるとかじゃなくて。自分たちで音から表現した作品をメディアに取り上げられるような、キャッチーなコンテンポラリーアートにしていきたい。

「LightHouse」として、TV・CM・幅広いメディア、歌番組とか出演したいです。紅白に出場できたら最高ですね!

Hirokiが言っているのは、“ミュージシャンが新曲発表”ってテンションで、“「LightHouse」新作公開!”という形で、メディアとかに出たいってことです。

最近は、沢山の人がダンスに興味を持ち始めていると思うので、ダンスが好きな人だけが集まるイベントだけじゃなく、広く知ってもらえるように活動したいです。あと、舞台もやりたいな。

生き生きと未来を語る表情は輝いていて、あふれ出る構想に「LightHouse」のこれからが楽しみで、さらに目が離せない! と思わせてくれました。

NEWS!

LightHouse New Film「Weather」の公開決定!

ダンサーが創る、ダンス×映像のシンプルな組み合わせで、
新しい価値観の「ショートフィルム」が完成。

「Weather 」リリースパーティを開催
■ 日時 9月1日(土) Open 18:30 / Start 19:30
■ 入場料 ¥1,000(1Drink込)
■会場  En Shibuya 2nd studio( 東京・渋谷 )
チケット事前予約はこちら↓
http://lths.jp/reservation/

「LightHouse」HP/http://lths.jp/

取材協力「FUNGO」

住所/東京都世田谷区下馬1-40-10
TEL/03-3795-1144
URL/https://www.fungo.com/

撮影:浦野 航気(取材当日のみ)

Writer : kaori

Message

いかがでしたか? クリエイティブな男性が少しつかめたでしょうか?

躊躇のない発想力と、自分と相手への信頼が感じられました。最高な相手と出会えた、最強なふたりのこれからを見守っていきましょう!

Share iline Facebook Twitter