今月のmoene的見逃し注意報!

美術館もストリートビューで鑑賞できる時代!「Google Arts & Culture」をピックアップ!

美術館もストリートビューで鑑賞できる時代! 「Google Arts & Culture」をピックアップ!

世界中の文化遺産をオンラインで紹介することを目的とされたサイトで、Google Cultural Institute と連携している美術館であれば、オンラインで館内もしくはコレクションが鑑賞できる!

しかも作品は拡大して見ることができたり、好きなアーティスト毎に、作品を時系列で並べることも可能。素材や技法で検索が絞れるのもオンライン美術館ならでは。

すごいぜグーグル! これで、おこもりでも家充できるね。


「Google Arts & Culture」
https://artsandculture.google.com/partner?hl=ja

 

仕事帰りにふらっと寄れる!
平日夜までやっているアート・イベント3

★私たちの未来は、どえらいことになる

未来と芸術展:AI、ロボット、都市、生命ー人は明日どう生きるのか

未来と芸術展:AI、ロボット、都市、生命ー人は明日どう生きるのか

温暖化が進み、いずれ海に沈むだろう日本、わたしたちどこに住めばいいのだろう?

AI(人工知能)が人類の知能を超え、仕事すら奪われる未来は、幸せなのだろうか?

AI、バイオ技術、ロボット工学、AR(拡張現実)など最先端のテクノロジーとその影響を受けて生まれたアート、デザイン、建築を通して、近未来の都市、環境問題からライフスタイル、そして社会や人間のあり方を考える展示会。

 

Date:2019/11/19(火)~ 2020/3/29(日)※3/13(金)まで休館予定
10:00~22:00(最終入館 21:30)※火曜日のみ17:00まで(最終入館 16:30)
会期中無休

Place:森美術館
東京都港区六本木6-10-1 六本木ヒルズ森タワー53階

Price:一般 1800円

撮影制限あり

☆moeneの「行ってきたよ」Report

 

この投稿をInstagramで見る

 

mee tokyo(@meetokyo)がシェアした投稿

 

★若手アーティストの作品に触れる

ポーラ ミュージアム アネックス展2020

ポーラ ミュージアム アネックス展2020

前期は「真正と発気」、後期は「透過と抵抗」というテーマに分けて展示。

前期は太田泰友・寺嶋綾香・半澤友美。後期は青木美歌・林恵理・中村愛子の合計6名の若手作家によるグループ展示。お気に入りを見つけてね!

 

Date:前期:2020年2月21日(金)-3月15日(日)
後期:2020年3月18日(水)-4月12日(日)  ※3/17(火)まで休館予定
11:00-20:00(入場は閉館の30分前まで)

会期中無休

Place:ポーラミュージアムアネックス
東京都中央区銀座1-7-7 ポーラ銀座ビル 3階

Price:無料

撮影OK

 

★ほら、新しい顔だよ~

吉岡徳仁《Prismatic Cloud》

吉岡徳仁《Prismatic Cloud》

銀座エリア最大の商業施設GINZA SIXの顔が変わった!

日本人アーティスト・吉岡徳仁が手がけた、巨大な雲をイメージした光の彫刻《Prismatic Cloud》が登場予定。吉岡さんは自然をテーマにした詩的で実験的な作品を得意とするアーティストで、現在国立新美術館の外に展示されているガラスのベンチ「Water Block」、ガラスの茶室「光庵」が代表作。東京2020オリンピック・パラリンピックの聖火リレートーチのデザインも手がけている。

いろんな角度から鑑賞してみて!

 

Date:2020年2月27日(木)〜10月下旬(予定)

Place:GINZA SIX 中央吹き抜け
東京都中央区銀座6-10-1

Price:無料

撮影OK

☆moeneの「行ってきたよ」Report

 

この投稿をInstagramで見る

 

mee tokyo(@meetokyo)がシェアした投稿

 

買い物ついでにふらっと寄れる!
週末におすすめアート・イベント11

★偶然が呼ぶ唯一無二の体験(奥深い)

フィリップ・パレーノ展 オブジェが語り始めると

フィリップ・パレーノ展 オブジェが語り始めると

一見いまどきなインスタ映えな作品。だけど今までにない、唯一無二の展示!

照明が点灯点滅するタイミングも、太陽光や風、気圧などの外の環境に反応しているということ。

2階3階4階と展示してあるのだが、作品同士も他の作品の音と光に影響し合っていて、全体を通して一つになっていた。

私が行った時には、氷でできた雪だるまも、すっかり溶けて無くなっていた。

自然発生的で、その時々でしか観られない、感じられないということがアートなんだ、と自分に言い聞かせたのでした。

 

Date:2019年11月2日(土)ー2020年3月22日(日)
11:00~19:00 水曜日は21:00まで
月曜休館

Place:ワタリウム美術館
東京都渋谷区神宮前3-7-6

Price:一般 1000円

撮影OK

☆moeneの「行ってきたよ」Report

 

この投稿をInstagramで見る

 

mee tokyo(@meetokyo)がシェアした投稿

 

★記憶をあじわう

記憶の珍味 諏訪綾子展

記憶の珍味 諏訪綾子展

世界で高い注目を集めるフードアーティストの諏訪綾子さん。

誰もが個人的に持っている記憶をテーマに新たな「食」の表現に取り組んだ本展。

ビンを開けて、ひとつひとつ匂いを嗅ぐ。

いい匂いというより、どこかで嗅いだことのある匂い。

記憶をいちばん鮮やかに呼び覚ますもの、もう一度嗅ぎたくなるものをスタッフに伝えてみて。

選んだ匂いから食材が用意され、記憶をかけがえのない珍味として味わえる。

 

Date:2020年1月18日(土)〜3月22日(日) ※3/16(月)まで休館予定
11:00〜19:00(日祝〜18:00)
毎週月曜休 (月曜日が祝日にあたる場合も休館)

Place:資生堂ギャラリー
東京都中央区銀座8-8-3 東京銀座資生堂ビル地下1階

Price:無料

撮影OK

☆moeneの「行ってきたよ」Report

 

この投稿をInstagramで見る

 

mee tokyo(@meetokyo)がシェアした投稿

 

★足で描く

白髪一雄展

白髪一雄展

床に広げた支持体に足で直接描く「フット・ペインティング」の制作を始め、未知の領域を切り拓いていった白髪さん。

その作品は力強く、油彩画ならではの魅力があります。あまりの迫力に鼓動が早くなった。

都内美術館で初の大規模展覧会。見終わる頃には「白髪さん、カッコいい!」ってなっているはず!

 

Date:2020年1月11日(土)〜3月22日(日) ※3/16(月)まで休館予定
11:00〜19:00 金曜日・土曜日は20:00まで
※入場は閉館の30分前まで
月曜休館(祝日の場合は翌火曜日)

Place:東京オペラシティ アートギャラリー
東京都新宿区西新宿3-20-2

Price:一般 1200円

撮影制限あり

☆moeneの「行ってきたよ」Report

 

この投稿をInstagramで見る

 

mee tokyo(@meetokyo)がシェアした投稿

 

★新しモノ好きさん、いらっしゃい!

開館記念展 見えてくる光景 コレクションの現在地

建物の老朽化のため休館していたブリヂストン美術館が館名を変更し、1/18アーティゾン美術館として京橋に開館。展示面積も2倍に!

(株)ブリヂストン創業者のコレクション展がオープニングを飾る。古代美術、印象派、日本の近世美術、日本近代洋画、20世紀美術、そして現代美術まで視野を広げ、美術の多彩な楽しみを提供。見ごたえがすごいんじゃ~。

スマホとイヤホンを持参すれば、音声ガイドが無料Wi-Fiで聞くことができたり、生まれ変わった最先端美術館で今までにないアート体験ができる。

ピクトグラムもおしゃれで、3階から5階の吹き抜けが気持ちいい建物です!

 

Date:2020年1月18日(土)~3月31日(火) ※3/15(日)まで休館予定
10:00~18:00(祝日を除く金~20:00) ※入館は閉館の30分前まで

Place:アーティゾン美術館
東京都中央区京橋1-7-2

Price:Web予約チケット 一般 1100円 /当日チケット(窓口販売) 一般 1500円(ウェブ予約チケットが完売していない場合のみ)
※日時指定予約制、料金は展覧会により異なる

撮影OK

 

★背筋が伸びます

ピエール=エリィ ド ピブラック展

ピエール=エリィ ド ピブラック展「In Situ」

パリ・オペラ座という世界最高の舞台で、華麗なパフォーマンスによって人々を魅了するバレエダンサーたちをとらえた写真家ピブラック。神秘的な美しさを放つ作品を、じっくり堪能したい。

 

Date:2020年3月11日(水)– 4月5日(日)
12:00–19:30 会期中無休

Place:シャネル・ネクサス・ホール
東京都中央区銀座3-5-3シャネル銀座ビルディング4階

Price:入場無料

撮影OK

 

美しいに決まっている

北澤美術館所蔵 ルネ・ラリック アール・デコのガラス モダン・エレガンスの美

北澤美術館所蔵 ルネ・ラリック アール・デコのガラス モダン・エレガンスの美

ガラス大好きなんです。

自然光にかざして透明感に浸るのがたまらない。

長野県諏訪市の北澤美術館に所蔵されていたアール・デコの時代を代表するルネ・ラリックの名品約220点が、アール・デコの館に展示された。ガラスに光があたると色が違って見えたり、輝きが違ったり楽しめます。フルーツのデザインのシャンデリアが可愛いので、天井も要チェックだよ!

 

Date:2020年2月1日(土)– 4月7日(火) ※3/15(日)まで休館予定
10:00–18:00(入館は17:30まで)
ただし、3/27、3/28、4/3、4/4は、夜間開館のため20:00まで(入館は19:30まで)
第2・第4水曜日休館

Place:東京都庭園美術館
東京都港区白金台5-21-9

Price:一般1,100円

撮影OK

☆moeneの「行ってきたよ」Report

 

この投稿をInstagramで見る

 

mee tokyo(@meetokyo)がシェアした投稿

 

閉館までのカウントダウン

森村昌泰:エゴオブスクラ東京2020−さまよえるニッポンの私

森村昌泰:エゴオブスクラ東京2020−さまよえるニッポンの私

2020年末に閉館が決まっている原美術館。

名画や映画の登場⼈物や歴史上の⼈物に扮した自身を写真撮影するセルフポートレイト作品で知られるアーティスト・森村昌泰の展示が開催中。巧みなメイクや⾐装で、時代や⼈種、性別を超えてさまざまな⼈物に成り代わり、原作やその背景に独⾃の解釈を加えてきた。彼の言葉は直球で分かりやすい。

今回は、昭和天皇やダグラス・マッカーサー、マリリン・モンローや三島由紀夫らに扮した森村さんの作品が登場。

映像作品が本編で、展示作品はもちろん森村さん自身への理解も深まるため必見です!

 

Date:2020年1⽉25日(土)~4⽉12⽇(日) ※3/13(金)まで休館予定
11時~17時(水曜は20時まで。最終入館は閉館の30分前まで)
月曜休館

Place:原美術館
東京都品川区北品川4-7-25

Price:一般1,100円

 

 

★ヒミツの花園

㊙展 めったに見られないデザイナー達の原画

㊙展 めったに見られないデザイナー達の原画

有名デザイナーの使ってるペンとか紙とか、コアな部分まで見られる貴重な展示。

好評につき5月まで延長することになりました。

ラフ画の美しさは、お金払って見る価値がある。日常的に目にする商品とか、企業ロゴの捨て案とかなかやか見られないモノだからほんと貴重。

人気ですごく混んでるので、平日がおすすめ。

 

Date:2019年11月22日(金)ー5月10日 (日) ※3/12(木)まで休館予定
10:00 – 19:00(入場は18:30まで)
火曜日休館(5月5日は開館)

Place:21_21 DESIGN SIGHTギャラリー1&2
東京都港区赤坂9-7-6

Price:一般1,200円

撮影OK

☆moeneの「行ってきたよ」Report

 

この投稿をInstagramで見る

 

mee tokyo(@meetokyo)がシェアした投稿

 

エルメスに宇宙出現

「コズミック・ガーデン」サンドラ・シント展

「コズミック・ガーデン」サンドラ・シント展

サンドラ・シントは、星や結晶、波などをモチーフとして用いたドローイングを主に、空間と関わり合いを持つインスタレーションを数多く手がけてきたアーティスト。

シントにとってドローイングとは、体験や記憶、夢を共有するひとつの内省的な言語でありながら、時間と向かい合うための重要な方法であり、瞑想や休息をも意味するそう。

宇宙にいるような、青空の下にいるような、心が落ち着く空間を堪能あれ。

 

Date:2020年2月11日(火祝) ~5月10日(日)
月~土:11:00~20:00(最終入場は19:30まで)
日:11:00~19:00(最終入場は18:30まで)
不定休(エルメス銀座店の営業時間に準ずる)

Place:銀座メゾンエルメス フォーラム
東京都中央区銀座5-4-1 8階

Price:入場無料

撮影OK

☆moeneの「行ってきたよ」Report

 

この投稿をInstagramで見る

 

mee tokyo(@meetokyo)がシェアした投稿

 

小室世代のみなさん必見です

写真とファッション(Photography and Fashion Since the 1990s)

写真とファッション(Photography and Fashion Since the 1990s)

1990年代以降の写真とファッションの関係性を探る。

時代のターニングポイントとなった稀少なファッション誌の展示や、関連イベントなどを、『花椿』の編集者林央子氏を監修に迎え、色んな角度から楽しめる展示になっている。

私たち小室世代には刺さるのではないでしょうか。

 

Date:2020年3月3日(火)〜5月10日(日) ※3/15(日)まで開催中止
10:00〜18:00(木・金は20:00まで)※入館は閉館の30分前まで
毎週月曜日休館(月曜祝日の場合翌火曜休館)

Place:東京都写真美術館 2階展示室
東京都目黒区三田1-13-3 恵比寿ガーデンプレイス内

Price:一般800円

 

 

★アートを介してサスティナブルな(持続可能な)世界について考える

オラファー・エリアソン ときに川は橋となる

オラファー・エリアソン ときに川は橋となる

エリアソンの再生可能エネルギーへの関心と気候変動への働きかけを軸に構成されている。

鑑賞者の目の前に虹を再現する初期の代表作《ビューティー》(1993年)をはじめとする体験型作品やインスタレーションを展示。

また、アイスランドの自然を20年以上にわたり撮影し続けてきた《溶ける氷河のシリーズ 1999/2019》(2019)は、過去20年間の氷河の大きな変化を目に見えるかたちで示します。

太陽光を利用し自由にドロウイングできる、環境に配慮した作品にも注目。

自然環境への関心や、物事の見方が変わるかも!

 

Date:2020年3月14日(土)- 6月14日(日)
10:00〜18:00(展示室入場は閉館の30分前まで)
月曜休館(5月4日は開館)、5月7日休館

Place:東京都現代美術館 企画展示室 地下2F
東京都江東区三好4丁目1−1

Price:一般 1,400 円

 

Writer : moene

Message

来週、行きたいイベントはみつかった? 東京を楽しみたい女子たちが気になるイベントを、次回もピックアップしていきます! お楽しみに〜!

Share iline Facebook Twitter