今月のmoene的見逃し注意報!

東京オペラシティで開催中の石川直樹 この星の光の地図を写すをピックアップ!!

美しすぎて鼓動が早くなった写真は初めてでした。ホントに!

展示室は雪山のような真っ白から始まって、土色になって、真っ青になって、写真に合わせて変わる。

空気も温度も部屋ごとに違う気がする。まるで旅行しているような気分。

是非この感覚を味わって欲しい。

世界をフィールドに活躍する写真家・石川直樹(1977- )は22歳で北極点から南極点まで踏破し、23歳で7大陸最高峰の登頂に成功しました。その後も国内・世界各地を旅し、人類学や民俗学の観点から、独自の写真を撮り続けています。本展では北極、南極、ヒマラヤ8000m峰といった極限の地を撮影した各シリーズ、世界各地の洞窟壁画を訪ねた『NEW DIMENSION』、そして日本列島の南北に点在する島々を探索する『ARCHIPELAGO』など、石川の初期から現在に至るまでの活動を、未発表作品を織りまぜて紹介します。石川が関心を向けてきたのは地球上のあらゆる場所に古くから伝わる、生きるための技術(=叡智)であり、国境を越え、複雑に絡み合うネットワークのありようです。石川の身体を通した探究、それは語源に「技術」という意味を持つ「アート」を追い求める旅ともいえます。本展は、私たちが慣れ親しんだ世界地図とは異なるもうひとつの視点から、この地球という星を見つめる機会となるでしょう。

Date:2019/1/12(土)ー2019/3/24(日)

月曜休館(祝日の場合は翌火)、2月10日(全館休館日)

Place:東京オペラシティアートギャラリー

東京都新宿区西新宿3-20-2

Price:一般 1200円 / 大学・高校生 800円 / 中学生以下無料

撮影制限あり

 

☆moeneの「行ってきたよ」Report

View this post on Instagram

旅した気分になれる展示 「石川直樹 この星の光の地図を写す」をご紹介⛰ ・ 世界をフィールドに活躍する写真家の石川直樹さんは、22歳で北極点から南極点まで踏破し、23歳で7大陸最高峰の登頂に成功しました🗻 本展では北極、南極、ヒマラヤ8000m峰といった極限の地を撮影した各シリーズ、世界各地の洞窟壁画、日本列島の島々など、石川の初期から現在に至るまでの活動を紹介しています。 ・ フィルム写真が綺麗過ぎて鼓動が早くなったのは初めてでした💕雪山の写真は空気すら澄んでいる様に錯覚する程です。 ・ ノースフェイステントの中でK2登山ドキュメントを見る演出は、非日常感を味わえます。 是非生で見て欲しい!! ・ 2019/1/12(土)ー2019/3/24(日) 11:00~19:00(金土~20:00) 月曜休館(祝日の場合は翌火)、2月10日(全館休館日) ・ 東京オペラシティアートギャラリー 一般 1200円 撮影制限あり ・ from➰moene @just_art_tokyo4321 #meetokyoアート部

A post shared by mee tokyo_official (@meetokyo) on

 

仕事帰りにふらっと寄れる!
平日夜までやっているアート・イベント5

前年比を決して割ることのない花粉量よ。今年は去年の何倍?

FLOWERS BY NAKED 2019 ー東京・日本橋ー

映像制作などを手がけるネイキッドは“日本一早いお花見”と称する「FLOWERS BY NAKED 2019 ―東京・日本橋-」(FLOWERS BY NAKED製作委員会主催)を、日本橋三井ホール(東京・中央)で開催する。今回の目玉は、「大桜彩 OUSAI 2019」。プロジェクションマッピングや美術造作、本物のサクラの花を組み合わせて、360度サクラに包まれた空間を実現する。
さらに、いけばな草月流家元・勅使河原茜氏の生け花と先進技術とを掛け合わせた「茶室 ―調心の間-」など計12作品を公開予定。

Date:2019年1月29日(火)〜3月3日(日)
10:00〜20:00 ※入場は閉場の 30 分前まで ※営業時間は変更になる可能性がございます。

Place:日本橋三井ホール COREDO 室町1・5F(エントランスは4F)
東京都中央区日本橋室町2丁目2-1

Price:当日 大人1600円〔平日〕2000円〔土日祝〕

撮影OK

 

★赤・緑・青のデジタルアート

「PHENOMENON:RGB」

同展は光の3原色「RGB」をテーマに、ファッションやカルチャーの分野で活動するアーティストがメディア環境から得た発想をビジュアルで表現する展覧会。
参加アーティストは、グラフィックや映像、立体、インスタレーション、音楽などジャンルを超えた様々な表現方法で作品制作を行なうグラフィックアーティスト・YOSHIROTTEN、加山雄三や水曜日のカンパネラなどのビジュアル制作を行なう視覚ディレクター・河野未彩、Flumeのビジュアル制作や世界遺産であるオペラハウスへのプロジェクションマッピング制作を手掛けたオーストラリアのアーティスト、ジョナサン・ザワダ。新作のインスタレーションと共に出展する。そのほか国内外の若手アーティストらも参加予定。

Date:2019年2月23日(土)〜3月11日(月)
11:00〜21:00

Place:ラフォーレミュージアム原宿
東京都渋谷区神宮前1丁目11番6号 ラフォーレ原宿6階

Price:無料

 

★日本の現代アートの“今”が見られる!

森美術館15周年記念展六本木クロッシング2019展:つないでみる

森美術館が3年に1度、日本の現代アートシーンを総覧する定点観測的な展覧会シリーズとして開催している「六本木クロッシング」。今回はサブタイトルを「つないでみる」として、対極・異質なものどうしを融合することや、本来備わっているつながりを可視化することを試みている約25組のアーティストが紹介される。

Date:2019年2月9日(土)~5月26日(日)
10:00~22:00(火〜17:00)※入館は閉館の30分前まで 会期中無休

Place:森美術館
東京都港区六本木6-10-1 六本木ヒルズ森タワー53階

Price:一般 1800円

撮影OK

☆moeneの「行ってきたよ」Report

View this post on Instagram

ひょっこり顔を出しているのが可愛いピンクの巨大猫。突然現れる大海原🌊フラッシュ撮影すると発光する服📸1300匹を超える🐈オリンピック開会式など、面白い現代アートがたーくさん! 大きなインターレスションが多いので、見応えがある🙄 自分の好きを見つけてみて👀🌟 ・ 森美術館15周年記念展六本木クロッシング2019展:つないでみる ・ 森美術館が3年に1度、日本の現代アートシーンを総覧する定点観測的な展覧会シリーズとして開催している「六本木クロッシング」。今回はサブタイトルを「つないでみる」として、対極・異質なものどうしを融合することや、本来備わっているつながりを可視化することを試みている約25組のアーティストが紹介されています。 ・ 2019年2月9日~5月26日 10:00~22:00(火〜17:00)※入館は閉館の30分前まで 会期中無休 ・ 森美術館 東京都港区六本木6-10-1 六本木ヒルズ森タワー53階 一般 1800円 撮影OK ・ @meetokyo では大人楽しいアート情報を紹介しています🎨2月も更新✌️プロフィールのURLからチェックしてみてね〜🐝🧡 ・ from ➰moene @just_art_tokyo4321 #meetokyoアート部 #意識近い #意識近い系

A post shared by mee tokyo_official (@meetokyo) on

 

紐と戯れて。洗車機に入る気分が味わえます。

ヘスス・ラファエル・ソト「PENETRABLE BBL BLEU」

フォンダシオン ルイ・ヴィトン所蔵のコレクションから、象徴的な作品である《Pénétrable BBL Bleu》(1999年、ed. Avila 2007年)を公開します。展示空間を覆う《Pénétrable BBL Bleu》を前に、人はただ観るだけではなく参加を迫られます。鑑賞者は作品の中を通り抜けることで、その動的で視覚的な作用に没入することができるのです。
《Pénétrable》シリーズを通じて、ソトは、空間は空虚な場所ではないことを私たちに思い出させ、実際に素材に触れる体験に よって、目に見えないものを感じとらせるのです。

Date:2018年12月07日 (金)~ 2019年05月12日(日)
12:00~20:00 不定休

Place:エスパス ルイ・ヴィトン東京
東京都渋谷区神宮前5-7-5 ルイ・ヴィトン表参道ビル7階

Price:無料

撮影OK

 

☆moeneの「行ってきたよ」Report

 

View this post on Instagram

 

作品に触れて、通り抜けるアート🎨 表参道ルイヴィトンで開催中のヘスス・ラファエル・ソト《Pénétrable BBL Bleu》を観てきました! ・ アーティストのソトさんは、空間は空虚な場所ではないことを私たちに思い出させ、実際に素材に触れる体験によって、目に見えないものを感じとらせるのです。 ・ 通り抜けは、洗車機に入った気分。🚘笑 ただただ、開放的な空間が気持ちよかったmoeneでした😝💙 無料なのでお買い物ついでに覗いてみて!👀🌱 ・ 2018年12月07日 ~ 2019年05月12日 12:00~20:00 不定休 エスパス ルイ・ヴィトン東京 撮影OK ・ ・ from➰moene @just_art_tokyo4321 #meetokyoアート部 #意識近い #意識近い系

mee tokyo_officialさん(@meetokyo)がシェアした投稿 –

ほら、新しい顔だよ~

塩田千春「6つの船」

ドイツ・ベルリンを拠点に活動する塩田千春。世界各地の展覧会に出展し、2015年には『第56回ヴェネチア・ビエンナーレ国際美術展』日本館代表作家を務めた。6月20日からは東京・六本木の森美術館で大規模個展『塩田千春展:魂がふるえる』の開催も予定している。
新作インスタレーション『6つの船』はGINZA SIXの吹き抜け部分に展示。全長5メートルの船6隻から構成された作品となる。GINZA SIXの吹き抜けは、これまで草間彌生、ダニエル・ビュレン、ニコラ・ビュフといったアーティストたちが彩ってきたスペース。日本人アーティストとしては開業時の草間彌生以来となる。塩田千春による新作は、戦後に困難を乗り越えて復興を遂げた銀座の「記憶の海」を6隻の船が出航し、前進する様子を表現した作品だという。

Date:2019年2月27日(水)〜10月31日(木)
10時30分~20時30分

Place:GINZA SIX
東京都中央区銀座6-10-1

Price:無料

撮影OK

 

 

買い物ついでにふらっと寄れる!
週末におすすめアート・イベント11

モノの価値が分かる大人になりたい、アラサーだもの。

民藝 MINGEI -Another Kind of Art展

人々の生活に根付く”日常品の美”に着目した展覧会。無名の職人達によって作り出され、それぞれの土地の暮らしの中で、その機能性やデザインが磨かれていった民藝には、“Another Kind of Art”ともいえる、独自の美しさが宿っている。生活が育んできた民藝は、現代のフラットな文化の中を生きる私たちにとって、ハッと驚かされるようなアイデアの宝庫だ。

Date:2018年11月2日(金)〜2019年2月24日(日)
10:00〜19:00 (入場は18:30まで) 火曜日休館

Place:21_21 DESIGN SIGHT ギャラリー1&2
東京都港区赤坂9-7-6 東京ミッドタウン ミッドタウン・ガーデン

Price:一般 1,100円

撮影制限あり

 

☆moemeの「行ってきたよ」Report

 

View this post on Instagram

 

気持ちいいお天気の中、 民藝 MINGEI -Another Kind of Art展へ。 ・ 人々の生活に根付く”日常品の美”に着目した展覧会。 無印良品のデザイナーもしている深澤直人さんがディレクションしていて、作品コメントもシンプルで分かりやすい😲💡 ・ 職人さんの手仕事動画は、とても美しく魅入ってしまう👀💕 今年の春は陶器の食器買おーっと🏺 ・ 2018年11月2日(金)〜2019年2月24日(日) 10:00〜19:00 (入場は18:30まで) 火曜日休館 一般 1,100円 撮影制限あり ・ ・ @meetokyo では大人楽しいアート情報を紹介しています🎨1月も更新しました🧡🧡 プロフィールのURLからチェックしてみてね〜🐝🧡 ・ from ➰moene @just_art_tokyo4321 #meetokyoアート部 #意識近い #意識近い系

mee tokyo_officialさん(@meetokyo)がシェアした投稿 –

 

映像×アート=いい時間

第11回恵比寿映像祭「トランスポジション 変わる術」

恵比寿映像祭は、平成21(2009)年の第1回開催以来、年に一度恵比寿の地で、展示、上映、ライヴ・パフォーマンス、トーク・セッションなどを複合的に行なってきた映像とアートの国際フェスティヴァルです。映像分野における創造活動の活性化と、映像表現やメディアの発展をいかに育み、継承していくかという課題について広く共有する場となることを目指してきました。
第11回開催となる今回は、ポジティヴに「変わる」ことを目指すテーマをかかげました。また、これまで培った地域とのつながりや国際的なネットワークを含め、さらなる充実と発展をはかります。

Date:2019年2月8日(金)~24日(日)
10:00~20:00(最終日〜18:00)2月12日、18日休館

Place:東京都写真美術館、日仏会館、ザ・ガーデンルーム、恵比寿ガーデンプレイス センター広場、地域連携各所 ほか
東京都目黒区三田1-13-3 恵比寿ガーデンプレイス内(東京都写真美術館)ほか

Price:無料(定員制のプログラムは有料)

撮影NG

 

★開場時間が毎日違うって?!

「ピアニスト」 向井山朋子展

メゾンエルメスフォーラムでは、オランダ・アムステルダムに拠点を置くアーティスト、向井山朋子を紹介いたします。向井山は、ピアニストとして国際的に活躍する傍ら、近年では自ら振付や演出を行う舞台作品やアートインスタレーションの発表など、幅広い分野で才能を発揮しています。
たった一人の観客のためのコンサートや、舞台上に鑑賞者が上がることで成立するパフォーマンスなど、従来の形式にとらわれない制作に挑戦する向井山の根底にある関心は一貫して、音楽が演奏される空間とそれに関わる人びと、演奏者や観客が音楽をどのように受け止め、またその空間を知覚するかの問いかけです。
今回、2月5日から28日まで連続するピアノのパフォーマンスをベースとした展覧会「ピアニスト」は、自然と人間の時間を律する立春から始まります。ピアノの森のインスタレーションの中で、演奏は毎日行われ、前後の時間を含めた数時間だけオープンします。日々、1時間ずつの時差を伴う環境の中で、いつもとは異なる時間が、ゆっくりと回転してゆきます。コンサートホールでも劇場でもなく、音楽スタジオとも異なるアート・ギャラリーを舞台にして、ピアニストと鑑賞者は交差します。ギャラリーを訪れる人は、意図的にずらされた非日常の回転盤の上で、「ピアニスト」のインスタレーションの一部となることを受け入れてゆきます。一方、向井山も、鑑賞者を「開かれており、無防備で、可能性に満ちた作品のパートナー」として受け入れ、私たちはお互いに冒険への理想の道付けを得ることになるのです。
24日の会期を終えるとき、時間はもとのギャラリーの時間へと戻ってきます。しかし私たちの時間は、どこかでずれてしまったまま、息苦しい静寂とともに新しい季節を迎えることになるでしょう。

Date:2019年2月5日(火)〜28日(木)
日程により異なる。公式ウェブサイトを参照 会期中無休

Place:銀座メゾンエルメス フォーラム
東京都中央区銀座 5-4-1 8階

Price:無料

撮影OK

 

★はばたけ!きらめけ!若手芸術家!

21st DOMANI・明日展

研修の成果発表の機会として1998年から「DOMANI・明日展」を開始し、今年度で第21回目となる。国立新美術館を会場に、天井高に恵まれた空間での大規模なグループ展で、文化庁による新進作家育成プログラムで海外に送り出した人材を、日本のアートシーンにプレゼンする機会になることを目指している。

Date:2019/01/23(水)~2019/03/03(日)
10:00~18:00(金・土は20:00まで/いずれも入館は閉館30分前まで) 火曜日休館

Place:国立新美術館 企画展示室2E
東京都港区六本木7-22-2

Price:一般1,000円/大学生500円

撮影OK

 

moeneの「行ってきたよ」Report

 

View this post on Instagram

 

【21st DOMANI・明日展】を観てきました🖼 ・ 文化庁が若手芸術家を海外に派遣して、研修の成果発表の機会としているこのグループ展。 ・ 今年は陶芸・パラパラ漫画・映像・写真・絵画など、様々な作品が見られて、単純に楽しい。自分の好きが分かるかも😲🌿 ・ 天井高の空間だからこその、ダイナミックな作品(写真7,8枚目)には圧巻!!moene的には#村山悟郎 さんの(写真3,4枚目)手仕事的な細かい作品と#蓮沼昌宏 さんのパラパラ漫画(写真5枚目)に心奪わた。ほっこり〜😊😊😊 ・ 2019/01/23(水)~2019/03/03(日) 10:00~18:00(金・土は20:00まで)火曜日休館 一般1,000円 撮影OK ・ ・ @meetokyo では大人楽しいアート情報を紹介しています🎨 プロフィールのURLからチェックしてみてね〜🐝🧡 ・ from ➰moene @just_art_tokyo4321 #meetokyoアート部 #意識近い #意識近い系

mee tokyo_officialさん(@meetokyo)がシェアした投稿 –

★公園から帰ったら、手を洗いなさいよ~

#005 PHOTO Playground ~写真と出会う、 写真と遊ぶ~

写真のある豊かな暮らしを提案する〔IMA(イマ)〕をコラボレーターに迎え、”写真”の可能性を広げ、見るだけでなく新たな発見や体験ができる、アートフォトの立体展示です。
私たちにとってより身近な存在となっている”写真”。 「#005 PHOTO Playground」では、”写真”が持つ可能性や自由度に着目し、写真の可能性を広げ、写真と遊べるプログラムとなります。

Date:2019年2月1日(金)~3月3日(日)(地下3階は2月27日(水)まで)
10:00~20:00 会期中無休

Place:Ginza Sony Park 地上フロア、地下1~3階
東京都中央区銀座5-3-1

Price:無料

撮影OK

 

★タヒさんの言葉に埋もれタヒ

氷になる直前の、氷点下の水は、
蝶になる直前の、さなぎの中は、
詩になる直前の、横浜美術館は。―― 最果タヒ 詩の展示

有望な若手アーティストを紹介する「New Artist Picks(NAP)」シリーズ。2018年度は、言葉を用いて多種多様な表現活動をおこなう作家、最果タヒ(さいはて・たひ)を取り上げます。
最果は中学生の頃からウェブ上で言葉を発表し始め、その後2007年に第一詩集を刊行。詩壇から高い評価を得る一方、インターネットやSNSを通した活動により、それまで詩に親しむことのなかった層をもファンに取り込み、大きな注目を集めています。また、近年では美術展への参加や空間を使った言葉の発表を積極的に試みており、その活動はひとつの表現形態に留まらない多彩な展開を見せています。最果にとって公立美術館での初の個展となる本展では、作品と作品を受け取る側が相互作用的に響きあうことを重視する最果の創作を、新作のインスタレーションとして発表します。鋭い感性で私たちの日常を揺さぶる最果の言葉の展示に、ぜひご期待ください。

Date:2019年2月23日(土)〜3月24日(日)
11:00〜18:00(3月2日〜20:30) ※Café 小倉山は10:45〜 ※3月2日(土)は20時30分まで
木曜日休館(2019年3月21日[木・祝]は開館)、3月22日(金)

Place:横浜美術館 アートギャラリー1、Café 小倉山、美術情報センター
神奈川県横浜市西区みなとみらい3丁目4番1号

Price:無料

 

★北斎の絶筆を見るでござる

新・北斎展 HOKUSAI UPDATED

葛飾北斎の絵師人生を紹介する大規模展覧会を開催します。
国内外から集められた名品・貴重品はもちろん、近年再発見された作品や日本初公開となる貴重な作品約480件(会期中展示替えあり)を通じて、真の北斎に迫ります。

Date:2019/1/17(木)~ 3/24(日)
10:00~20:00(最終入館 19:30)※火曜日のみ17:00まで(最終入館 16:30)
2月19日(火)、2月20日(水)、3月5日(火)休館

Place:森アーツセンターギャラリー(六本木ヒルズ森タワー52階)
東京都港区六本木6-10-1

Price:当日一般 1,600円

撮影NG

 

何でもできちゃうのね、浅野さんたら

TADANOBU ASANO 3634 浅野忠信展

俳優の浅野忠信がドローイングを描き始めたきっかけは映画撮影の待ち時間だったといい、映画の台本やスケジュール表の裏、メモ帳、薬袋などにボールペンで描き始め、作品数は現在までの5年間で3,634枚にのぼる。一部の作品はSNSでも公開されている。同展では、デッサンや落書き、漫画、アメコミなど700点を展示する。

Date:2018年12月7日(金)−2019年3月31日(日)
11時~19時まで(毎週水曜日は21時まで延長) 月曜休館(1/14, 2/11は開館) 

Place:ワタリウム美術館
東京都渋谷区神宮前3-7-6

Price:大人1,000円

 

★リアルで可愛いくてちょっとグロテスク

ヒグチユウコ展 CIRCUS

東京に在住する画家・絵本作家のヒグチユウコ。空想と現実を行き交う自由な発想とタッチで、作品制作のみならず絵本の刊行など幅広く活動している。同展では、初期作品から最新作までヒグチが約20年の画業の中で描いた約500点を超える作品を展示。ヒグチにとって初の大規模な展覧会となる。展示物は絵本原画をはじめ、企業とのコラボ作品、書籍の装画や自身のブランドグッズの絵など。展覧会のテーマは「サーカス」となり、会場には実際にサーカステントが用意され、キャラクターたちの映像や、ぬいぐるみ作家・今井昌代による立体造形も登場する。

Date:2019年1月19日(土)~3月31日(日)
10:00~18:00(入館は17:30まで)月曜休館(2月11日は開館)、2月12日

Place:世田谷文学館 2階展示室
東京都世田谷区南烏山1丁目10−10

Price:一般800円

撮影NG

 

KING OF コラージュ

岡上淑子 フォトコラージュ 沈黙の奇蹟

1950年代に彗星のごとく登場した岡上淑子は、日本におけるシュルレアリスム運動を先導した瀧口修造に見出され、写真媒体を活用したフォトコラージュ作品によってその比類ない才能を開花させました。1950年から56年までのごく限られた期間に制作された岡上のコラージュ作品は、マックス・エルンストによるコラージュの影響を享受して饒舌さを増していきます。作品は、戦後連合国軍の置き土産として国内にあった、LIFEのような海外のグラフ雑誌や、VOGUEやHarper’s BAZAARといったファッション誌を素材とするものであり、戦後復興期の時代を反映した報道写真による背景と、前景に浮かび上がる当時最先端のモードは、鮮やかな対比を描きながら独特の美や世界観を導き出して、私達の心を揺さぶります。
近年になり再注目されている同作家の活動は今や国際的な評価を得ており、現代のコラージュ作家たちにも多大な影響を与えつつあります。本展では、国内所蔵に加えて米国ヒューストン美術館の貴重な所蔵作品が、この度初めて日本へと里帰りいたします。新たな時代への息吹を感じさせるこのユニークな表現世界を、作家による詩篇や後に描かれたスケッチ、関連資料、京都服飾文化研究財団ご所蔵のドレスによる参考展示などとともにご紹介いたします。

Date:2019年1月26日(土)〜4月7日(日)
10:00–18:00 (入館は閉館の30分前まで)
*3/29、3/30、4/5、4/6は、夜間開館20:00まで開館(入館は19:30まで)
第2・第4水曜日休館(2/13、2/27、3/13、3/27)

Place:東京都庭園美術館
東京都港区白金台5-21-9

Price:一般 900円

撮影制限あり

☆moeneの「行ってきたよ」Report

View this post on Instagram

梅の見頃を迎えた今日この頃🌸 お花見とアート鑑賞両方できちゃう、 #東京庭園美術館 へお散歩🚶‍♀️ ・ 現在開催中なのは 「岡上淑子 フォトコラージュ 沈黙の奇蹟」展🖼 ・ 同世代であれば絶対やったことあるよね? #ギャル雑誌 egg の見開きページでもおなじみ、 紙焼き写真切り貼りした#コラージュ ! あの頃は#写ルンです 持ち歩いてたわ📷 #懐かしい 〜と思いつつ、 海外のグラフ雑誌や、#VOGUE やHarper's BAZAARといった#ファッション誌 を素材とする岡上さんのセンスのいいコラージュ作品と、クラシックな美術館を堪能。 ・ 天気が良いだけで、最高🌞 そんな週末🍡 From➰moene @just_art_tokyo4321 ・ 2019年1月26日(土)〜4月7日(日) 10:00–18:00 (入館は閉館の30分前まで) *3/29、3/30、4/5、4/6は、夜間開館20:00まで開館(入館は19:30まで) 第2・第4水曜日(2/13、2/27、3/13、3/27) ・ 東京都庭園美術館 一般900円 撮影制限あり #meetokyoアート部 #意識近い #意識近い系

A post shared by mee tokyo_official (@meetokyo) on

 

きっとインテリアを見直したくなる

アルヴァ・アアルト もうひとつの自然

アルヴァ・アアルトは1898年フィンランド生まれの建築家。ヘルシンキ工科大学で建築を学び、1923年に建築事務所を設立。33年にパイミオ(フィンランド)のサナトリウムを設計し、モダンでありながら細やかな空間デザインで高い評価を得る。これが出世作となり、その後次々に図書館やホール、個人邸などを手がけていく。
プロダクト・デザイナーとしても知られるアアルトは、35年に妻・アノイや友人らと共に、世界の優れた家具などを紹介し販売するアルテック社を設立。自らもプロダクトの制作に力を注ぎ、曲げ木の椅子や流線型のガラス器はいまでも高い人気を誇っている。

Date:2019年2月16日(土)〜4月14日(木)
10:00〜18:00(金〜20:00)※入館は閉館の30分前まで
月曜休館(4月8日は開館)

Place:東京ステーションギャラリー
東京都千代田区丸の内1-9-1

Price:一般 1200円

 

 

Writer : moene

Message

来週、行きたいイベントはみつかった?東京を楽しみたい女子たちが気になるイベントを、次回もピックアップしていきます!お楽しみに〜!

Share iline Facebook Twitter