◆おデブは一日にしてならず。美人も一日にしてならず。


「昨日の夜、飲み過ぎたし食べ過ぎちゃった…」

なんて後悔したことない?
もちろん反省はしてほしいけれど、私たちの身体は1日食べ過ぎたから、1日運動しなかったからといって急におデブになるわけじゃないの。

1日の暴食より、日々の”おデブ習慣”の積み重ねがあなたのお腹や二の腕、脚に付いてしまった悩ましい脂肪の原因。

 

「朝、目が覚めたら体重が3キロ減っていないかな…」

なんて思いながら眠りについたことは?
前の日の晩御飯を抜いたくらいで、そんなこと起りうるはずないのよ。

 

美人は一日にしてならず、とはまさにその通り。

 

おデブが一日にしてならなければ、美人も一日にしてならないもの。
全ては日々のどんな習慣を積み重ねているかが運命の分かれ道。

だからこそ日々、ヘルシーボディを手に入れるための小さな努力「ヘルシー貯金」を身に付け、習慣にしていくことがとても大切なの!

 

◆知ってる?脂肪1キロを落とすための消費カロリーは?


一度付いてしまったら、なかなかなくならない脂肪。
この脂肪1キロを消費するのに、どのくらいの消費カロリーが必要が知ってる?

 

『脂肪1キロ=約7,200kcal』

 

7,200kcalって言われても、ピンとこない人もいるかもね。
よりリアルに感じてもらうために、運動の消費カロリーでみてみましょう。

 

◇ランニング

〈体重50キロ〉×10㎞=500kcal
7,200kcal消費→144㎞!!!

…某テレビ番組のチャリティーマラソンでもこんなに走らないから。

◇ウォーキング(大股早歩きで)

〈体重50キロ〉×60分=約200kcal
 7,200kcal消費→36時間超!!!

…うん。脂肪が燃焼されるまでに、確実に膝が壊れるね。

 

※※あくまで単純計算した場合。消費カロリーはおおよそで算出していますので個人差があります※※

 

脂肪をたった1キロ減らしたいだけなのに、こんなに大変なの?って思わなかった?

そう。脂肪って付けるのは簡単だけど、手放すときはとっても大変。
だからこそ日々「ヘルシー貯金」をしていく大切さ、理解してもらえた?

 

◆今から無理なく始められる「ヘルシー貯金」をCHECK!


脂肪を燃やす、身体を変えていくというとスポ根的な過酷なことを想像しがちだけれど、そんな事ないから安心して。
先程もお伝えしたように「ヘルシー貯金」とはヘルシーボディを手に入れるための小さな努力のこと。
あなたでも無理なく毎日続けられるものをいくつか紹介しますね。

これから紹介することをチェックして、今の自分にできそうなことから始めてみて。

 

まずは食事編。

◇食事のバランスは「朝:昼:夜=3:5:2」を心がけて

夜に食事量が多くなりがちだけど、大きな食事はお昼までを意識。
もうこれは誰もが知っている情報かもしれないけど、改めて見直してみて。

 

◇「最後のひと口」には手を出さない

何人かで料理をシェアした時、「最後のひと口」だけ残る事ってよくあるはず。
けれどもったいないからと手を出してしまったそのひと口は、間違いなくあなたの脂肪に。

 

◇1食につき80kcal減らす努力を

1食につきー80kcal=1日3食でー240kcal。1ヵ月30日として計算するとー7200kcalになる計算。
そう、脂肪1キロに匹敵する消費量ね!
1食たった80kcal減らすだけで1ヵ月で脂肪1キロ分のカロリーを抑えることができるの。
カロリーが表示されている食品は、必ずチェックする習慣をつけてみて。

 

◇お腹がすいたと感じたら、まずは水分補給

私達が空腹を感じるのにはいくつかの理由があります。その中の一つが「水分不足」。
何か食べたい!と思ったら、まずは水分を摂って空腹状態を落ちつかせてから考えてみて。特に香りのよいハーブティーや白湯がおススメ。

 

次に運動編。

◇くだりの階段は必ず歩く

絶対にエレベーターは使わない!なんて心に決めても、しんどい事ってなかなか続かないもの。
まずは「くだりだけは階段を使う」くらいのレベルからスタートしてみない?

 

◇歯磨き中はかかとの上げ下げ

特に下半身が気になる人は意識してみて。
ふくらはぎの筋肉をを使うことで、むくみの解消&足首が引き締められてスッキリ。
時間を有効活用してエクササイズを取り入れましょう。

 

◇椅子に座っているときは、膝同士をくっつけて

電車で座っているときや仕事中、ふと気が付くと膝がパカっと開いてしまってない?
そんな人は太ももの内側の筋肉(内転筋)が衰えている証拠。
意識して膝をくっつけることで内転筋が使われ、太ももの引き締め効果が期待できます。
太ももの隙間が見える日も夢じゃないかも!

 

最後に生活編。

◇湯船に浸かって脱おデブ

湯船に浸かることで「疲労回復」「むくみの改善」「血行促進」など、多くの脱おデブ効果が期待できるの。
忙しいからを理由にシャワーで済ませないで、お風呂に浸かる習慣を意識して。

 

◇睡眠不足は大敵

私達は睡眠中に食べた物を消化したり、疲労を回復させたり、トレーニングで傷ついた筋肉を修復したりしているの。睡眠が不足しているということは、せっかくの努力が無駄になってしまう。
身体づくりは「良い食事・良い運動・良い睡眠」が基本で、何より大切な事を忘れないで。

 

◇無理な目標設定はしない

「明日から毎日10㎞走る!」「炭水化物は絶対食べない!」など、無茶な目標を立ててしまってない?その目標って果たしていつまで続けることができるの?
目標を立てる時は、小さなことでも良いので「毎日続けられること」を。

 

◆明日からなんて言わないで!今があなたの始めどき!


どうでしょう?
これなら私にもできるかも!と思う「ヘルシー貯金」は見つかった?

 

繰り返し言うけれど、デブも美人も一日にしてならず。
すべては日々の習慣が作り出した結果であり、賜物であることを忘れないで。

 

出来そうなものが見つかったなら、さっそくスタートしましょう。
「明日から始めよう」なんて考えは捨てて。

 

今この瞬間があなたの変わるとき。

「ヘルシー貯金」を身に付けて、ヘルシーボディを手に入れましょう!

 

Writer : mai

Message

今回紹介した内容はダイエットやボディメイクの基本になることばかり。

スポーツでも勉強でも基本って本当に大切でしょ?基本をしっかり押さえてから、徐々にステップアップしてきましょう!

Share iline Facebook Twitter